プロペシアが効かない!考えられる6つの理由と対処法

投稿日:2017年3月27日 更新日:

アイキャッチ

プロペシアを処方してもらって飲んでいるが、「髪が増えた実感がない」、「全然効いていない」という人は多いと思います。

そもそもプロペシアとはどのような効果がある薬なのか?といったことから、考えられる効かない理由と対処法について詳しく解説します。

プロペシアは現状維持を期待すべき薬

プロペシア

あなたはプロペシアになにを求めていますか?「フサフサになりたい」という人と、「抜け毛を減らしたい」という人ではそもそも期待値が違います。

また、AGA外来を行っている病院の医師から「これを飲めばフサフサになりますよ」と言われて処方されているが、全くフサフサにならないという人もいると思います。

プロペシアとは、あくまでも「現状維持」の薬であり「発毛」の薬ではありません。

期待値によって効果の実感は異なる

プロペシアが効かないと感じている人は、大き過ぎる期待をかけている傾向があります。

例えば、生え際が大きく後退し、頭頂部も地肌が透けてしまっている人が「フサフサな状態に戻る」ことを期待して飲めば、期待は大きく裏切られ「全然効かない」と思うでしょう。

一方で薄毛予防のために飲んでいる人で現状維持が出来ていれば、「効いてるな」と思うでしょう。飲む人の期待値によって「効いた」「効かない」は異なるのです。

酷い薄毛を解消できると信じているのに僅かな回復しか見られないようなら、気落ちしてしまうのは当然です。プロペシアに限らず、薄毛治療薬の効果は、冷静に見定めるべきだと言えます。

進行を遅らせ現状を維持する薬

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の進行遅延を目的とした薬であり、発毛の薬ではありません。プロペシアの添付書類にも以下のように明記されています。

プロペシアの効能・効果

AGAとは、テストステロン(男性ホルモン)が5α-リダクターゼという還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することが原因です。

DHTによってヘアサイクルが乱れ、従来は2年~6年かけて太く長く成長する髪の毛が、数ヶ月~1年で抜け落ちてしまうために薄毛になります。

プロペシアはこの5α-リダクターゼの作用を妨げることで、DHTの発生を阻害する薬です。その結果ヘアサイクルを正常に戻すのです。ヘアサイクルが戻ることで薄毛の進行を遅らせることはできるのですが、発毛の効果はありません。

発毛を望むならミノキシジルと併用をする

ミノキシジルとは、元々は血管拡張薬として開発され、高血圧の薬として使用されていました。しかし、発毛効果があることがわかり、現在は唯一の発毛薬として知られています。日本国内では大正製薬から販売されている「リアップ」が有名です。

リアップは頭皮に塗布する外用薬ですが、AGA治療の専門クリニックでは内服タイプのミノキシジルタブレットも処方してもらうことが出来ます。

ミノキシジルの発毛効果について

ミノキシジルの効果ですが、血管を拡張させ血流を良くすることで、発毛に必要な栄養を毛乳頭にしっかりと届けることで発毛を促す仕組みです。頭皮は血管が少なく、また髪の毛への栄養は人体の中で優先順位がとても低いため、ミノキシジルなしで発毛することは極めて困難です。

内服タイプのミノキシジルで国内承認薬はまだ存在せず、AGA外来の病院で処方しているところはありません。AGA治療専門クリニックでは海外で製造したものを「オリジナル治療薬」として処方してくれます。

発毛を期待するのであればプロペシアとの併用が必須であり、そのためにはAGA外来の病院ではなく、AGA治療を専門に行っているクリニックに通院する必要があります。

フィナステリドの説明

ミノキシジルの説明

ザガーロを試してみる

ザガーロ

AGA治療薬ではプロペシアが圧倒的な知名度を誇りますが、第2のAGA治療薬として注目されているのがザガーロです。

プロペシアで効果が感じられなかった人がザガーロに切り替えて発毛に成功するというケースもあります。

ザガーロとは

主成分はデュタステリドであり、元々はプロペシアと同じく前立腺肥大症の治療薬として開発され、「アボルブ」の名称で販売されていました。

しかし、後に薄毛治療の効果があることがわかり、AGA治療薬としての研究がすすめられました。そして2015年9月28日に厚生労働省から承認を得て、2016年6月13日にGSK株式会社から販売「ザガーロ」の名称で販売されました。

効果はプロペシアよりも高い

ザガーロはプロペシアと同じく、5α-リダクターゼの作用を妨げる効果があります。しかし、5α-リダクターゼには1型と2型の2種類があり、プロペシアは2型のみに作用する薬でした。

一方でザガーロは1型、2型の両方に作用することから、プロペシアよりも効果が高いと言われています。

実際に、プロペシアの添付文書の【効能・効果】蘭には「男性における男性型脱毛症の進行遅延」とありますが、ザガーロのの【効能・効果】蘭には「男性における男性型脱毛症」としか書かれておらず、「進行遅延」の文字が記載されていません。これは、進行遅延だけでなく発毛も期待できるということになります。

以下の画像はプロペシアとザガーロの【効能・効果】を比較したものです。

プロペシア効能

プロペシアの効能・効果

ザガーロ効能

ザガーロの効能・効果

生え際、M字ハゲでは特にザガーロのほうが効果がある?

特にM字部分や生え際に対して効果が顕著であるという訳ではないようですが、1型、2型両方の5α-リダクターゼに作用する点と、発毛効果が期待できるという点で、「M字、生え際にも効果があった」という声があるようです。

ザガーロの副作用

プロペシアと効果が似ているということもあり、副作用もプロペシアと似ています。しかし、プロペシアよりも効果が高いためか、副作用のリスクも高いと言えます。

ザガーロの主な副作用は「性欲減退」「ED(勃起不全」「精液量減少」です。ザガーロの添付文書には副作用について以下のように記載があります。

本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全24例(4.3%)、リビドー減退22例(3.9%)、精液量減少 7 例(1.3%)であった。

日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)であった。その主なものは、リビドー減退 7例(5.8%)、勃起不全 6 例(5.0%)、射精障害 2 例(1.7%)であった。(承認時)

国内長期投与試験において、本剤が投与された総症例120例中20例(16.7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。その主なものは、勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害 5 例(4.2%)であった(承認時)。

出典:ザガーロ添付文書

これだけ読むとよくわからないと思いますので、以下にプロペシアとザガーロの副作用発生頻度を比較した表を掲載します。

  性欲減退 ED(勃起不全) 精子量減少
プロペシア 1.1% 0.7% 頻度不明
ザガーロ 3.9% 4.3% 1.3%

どうでしょうか?数値を見てもザガーロのほうが副作用のリスクが高いことがわかると思います。

発毛はミノキシジルの服用が良い

ザガーロは発毛も期待できるなら、ミノキシジルを飲まずにザガーロだけでいいじゃない、と思うかもしれませんが、副作用のリスクと発毛効果を考えれば、やはり「プロペシア」+「ミノキシジル」の併用がベストではないかと思います。

ザガーロはどこで処方してもらえる?

ザガーロはAGA治療の専門クリニックの他、AGA外来を行っている病院でも処方を受けることができます。しかし、新しい薬であるため対応している病院・クリニックはプロペシアと比較すると少ないの現状です。

AGA(男性型脱毛症)以外の脱毛症には効果がない

男性の薄毛原因のほとんどはAGAですが、薄毛の原因はAGAとは限りません。プロペシアはあくまでもAGA治療薬のため、AGAが原因の薄毛以外には効果はありません。

以下にプロペシアでは治療が出来ない主な薄毛の原因を紹介します。

円形脱毛症

円形脱毛症は特定の部分に円形のハゲができてしまう症状です。ストレスや免疫機能の異常が発生の原因だと考えられています。

円形脱毛症とAGAは無関係です。よって、プロペシアやザガーロが効かないのは当然だと言えます。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、皮脂の過剰分泌が頭皮に炎症を起こし、それが原因で抜け毛へと発展します。5αリダクターゼを抑える治療薬では、それに対処することはできません。

生え際・M字ハゲには効果がない?

M字ハゲ

AGA治療で特に難しいと言われるのが生え際やM字部分だと言われています。M字が治らない、生え際が増えない、という理由で「プロペシアが効かない」と感じる方もいると思います。

そもそも生え際やM字部分は改善が難しい箇所

M字の改善

薄毛にはいくつかのパターンがあります。M字部や前頭部といった生え際から薄くなる人、頭頂部から薄くなる人がいます。

頭頂部は比較的改善しやすい部分ですが、M字部分や生え際は改善が難しいと言われています。その違いは「血管の量」です。

M字部分、生え際は頭頂部に比べて血管の量が少なく、発毛に必要な栄養素が届きにくい部分です。そのため「プロペシアを飲んでるのにM字が治らない」という人が多いのです。

M字部分、生え際の発毛はミノキシジルでも時間がかかる

そもそも、M字部分や生え際の改善は、ミノキシジルを服用しても時間がかかると言われています。それをプロペシアだけでなんとかしようというのは無茶な考えと言えます。

本気でM字部分や生え際の発毛を希望するのであれば、AGA治療専門のクリニックに相談し、ミノキシジルを配合した外用薬(リアップのようなもの)の使用や、育毛メソセラピーと言って、ミノキシジルや発毛再生因子を直接頭皮に注入する治療を検討したほうが良いでしょう。

効果のない偽薬を飲んでいる可能性がある

薬の個人輸入

ネットの個人輸入代行サービスを使ってプロペシア(フィナステリド)を入手している人はこの可能性が高いです。

安いという理由で個人輸入代行サービスを利用している人がいますが、全く効果のない偽薬の可能性があることを厚生労働省が注意喚起しています。

また、最悪の場合死亡する健康リスクもありますので、絶対に使用してはいけません。

個人輸入では偽薬やコピー薬が売られているケースがある

プロペシアの海外製品として有名なのが、インドのシプラ社製の「フィンペシア」です。「プロペシアのジェエリック」として販売しているサイトもありますが、これは全くのデタラメで、ジェネリックではなくコピー薬品です。

主成分はプロペシアと同じフィナステリドだと謳ってはいますが、プロペシアのジェネリックとして承認はされていません。もちろん、日本国内では未承認薬です。

個人輸入はリスクが高い

しかし、まだ本当にシプラ社が製造しているフィンペシアであるなら良いのですが、まったく効果のない安価な偽物が多く流通しているようです。勿論そんな薬でAGAが治るわけはありませんし、なによりも怖いのは健康被害です。

正体不明の薬で体に異変が起きてしまった場合、原因がわからないため医師も手の施しようがありません。個人輸入代行サービスは絶対に使用してはいけません。

プロペシアは必ずクリニックで処方してもらう

プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬は必ず医師に処方してもらうようにしましょう。AGA治療専門のクリニックであれば血液検査もあり、薬によって体調に変化がないかも検査してくれるので安心です。

ほんの少しのお金をケチったばっかりに、健康被害でその後の人生が無茶苦茶になってしまっても誰も助けてくれません。全て自己責任です。絶対に後悔するようなことはしないようにしましょう。

効果を実感するまで時間がかかる

カレンダー

風邪薬などと違い、プロペシアの効果はすぐには出ません。それを知らずに1週間や1ヶ月飲んだだけで「効かない」と判断してしまう人もいます。

少しでも早く効果を実感したいという気持ちはわかりますが、AGA治療は時間がかかることを理解しましょう。

効果を実感するまで早くて3~6か月かかる

プロペシアは服用を始めてから効果を実感するまで6ヶ月かかると言われています。早い人でも3ヶ月です。プロペシアの添付書類にも以下のように記載されています。

3ヶ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常 6 ヵ月の連日投与が必要である。また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。

なぜそれだけの日数がかかるかですが、それは髪の毛が短期間で急激に成長しないということと関係があります。

1本の髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、「成長期(2年~6年)」→「退行期(2週間)」→「休止期(3~4ヶ月)」というサイクルを繰り返します。

AGAという症状はこのヘアサイクルが乱れることで薄毛になる症状であり、特に成長期が数ヶ月~1年と極端に短くなることが原因です。

プロペシアの効果はこの乱れたヘアサイクルを正常に戻すというものです。従来は数ヶ月~1年で抜け落ちていた髪の毛が抜けずに成長を続けるようになるというものですので、効果を実感するまでに最低3ヶ月~6ヶ月はかかるということになります。

早くフサフサにしたいならミノキシジルの併用や育毛メソがおすすめ

早くフサフサになりたいのであれば、プロペシアの服用と併せてミノキシジルの服用、ミノキシジル外用薬の使用、育毛メソセラピーといったものが有効です。いずれの治療もAGA治療の専門クリニックで治療を受けることができます。

特に育毛メソセラピーの効果はとても高く、プロペシアとミノキシジルの併用ではフサフサになるまで1年半程度要するケースであっても、わずか6ヶ月程度でその状態まで改善することができます。

まとめ

  • プロペシアはAGAの進行を遅延させる現状維持の薬であり、発毛は期待できない
  • 発毛を期待するのであれば、唯一の発毛薬であるミノキシジルを併用する
  • ザガーロは1型の5α-リダクターゼにも作用し、プロペシアよりも高い効果が期待できる
  • ザガーロはAGAの進行遅延だけでなく発毛も期待できる
  • ザガーロは副作用のリスクも高いため、発毛にはプロペシアとミノキシジルの併用が好ましい
  • プロペシアはAGAの治療薬であり、その他の脱毛症には効果はない
  • M字部分、生え際は血管が少なく、発毛が難しい箇所である
  • 個人輸入で入手できるフィナステリド薬は全く効果のない偽薬の可能性がある
  • 個人輸入で入手できるフィナステリド薬には深刻な健康被害のリスクがある
  • プロペシアは効果を実感するまで早くても3~6ヶ月必要である
The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.