満足していない人必見!プロペシアの効果的な飲み方6つ

投稿日:2017年2月21日 更新日:

アイキャッチ

プロペシア(フィナステリド)を飲み始めて数ヶ月が経過するけど、思ったよりも薄毛が治らない・・・と思っていませんか?

結論からハッキリ言ってしまうと、プロペシアはAGAの進行遅延を目的とした薬です。発毛は期待出来ません。

現状維持ではなく、あくまでも髪の毛を増やしたいと考えるのであれば、発毛効果のあるミノキシジルとの併用を考える必要があるでしょう。

しかし、ミノキシジルも飲むとなると費用もかかります。そこで、プロペシアの効果に満足していない人に、ミノキシジルを飲む前に一度試してほしいプロペシアの効果的な飲み方について説明します。

プロペシアだけで増やすことは難しい

プロペシア

プロペシア(フィナステリド)がAGA(男性型脱毛症)治療薬として最も優れていることは間違いありません。

しかし、期待できる効果はあくまでも「現状維持」であり、プロペシアの添付文書の【効果・効能】の欄にも「男性における男性型脱毛症の進行遅延」明記されています。

これはつまり、発毛が期待できる薬ではないということです。

プロペシアは現状維持の薬と考えるべき

プロペシア(フィナステリド)は2型の5α-リダクターゼの作用を妨げる薬です。それにより、テストステロン(男性ホルモン)がAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することを抑制します。

薄毛になる仕組みはDHTによってヘアサイクルが乱れ、本来は2年~6年ある「成長期」が数ヶ月~1年と大幅に短くなり、髪が十分に育つ前に抜け落ちてしまうというものです。

プロペシアにはヘアサイクルを正常に戻す働きがありますが、発毛までは期待できません。

ミノキシジルとの併用

前述したとおり、プロペシア(フィナステリド)はAGAの進行遅延を目的とした薬です。

しかし、AGAの治療をしている男性のほとんどは、現状維持ではなく髪を増やしたいと考えています。そこでプロペシアと併用されているのがミノキシジルという薬です。

増やしたいならミノキシジルも併用する

ミノキシジルとは血管拡張作用のある薬です。血管が拡張されて血流が良くなることで、髪の毛の成長に必要な栄養素が毛乳頭まで届きやすくし発毛を促します。

元々は高血圧の治療薬として使われていた薬ですが、その後発毛効果があることがわかり、現在は多くの国で発毛薬として使われています。

プロペシアがAGAを治療する現状維持の薬であれば、ミノキシジルは髪を増やす発毛の薬なのです。

フィナステリドの説明

ミノキシジルの説明

ほとんどのAGAクリニックが併用を勧めている

AGAを治療し髪の毛を増やすための最善の方法は、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルを服用することです。

AGA治療を専門とするほとんどすべてのクリニックが、AGA治療としてこの2つの薬を処方しています。つまり、それだけ効果が高く、他より優れた方法ということです。

そして、AGAクリニックに通う患者のほぼ100%が発毛を実感しているのです。

クリニックの中には院内処方の資格を持つところも多く、オリジナル治療薬として処方していますが、内容はプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルです。

内服薬と外用薬なら断然内服薬を選ぶべき理由

プロペシア(フィナステリド)は内服薬(飲むタイプ)のみですが、ミノキシジルには内服薬と外用薬(塗り薬)の2種類があります。

外用薬として有名なのが、ドラッグストアでも販売されている「リアップ」です。

どちらが効果が高いかは断然内服薬タイプです。頭皮に塗って利用する外用薬タイプは、単純に毛乳頭まで成分が届きにくいため効果も低く、また皮脂や体温の影響を受けると効果が著しく下がってしまうことがあります。

それに対して内服薬タイプは肝臓で代謝され、成分は血液を通って体内に運ばれより確実に毛乳頭に作用します。また、外用薬は1日2回の塗布を行う必要があり、しかも面倒であるのに対し、内服薬は1日1回、1錠を飲むだけです。

ドラッグストアで手軽に購入出来るという点でリアップは魅力的ですが、効果と手軽さを考えるのであれば外用薬を選ぶ理由はありません。

ザガーロに切り替えてみる

ザガーロ

ザガーロとはデュタステリドを主成分とした薬で、もともとはプロペシア同様に前立腺肥大の治療薬でした。しかし、薄毛治療の効果が確認され、2016年に日本国内でも承認され、第2のAGA治療薬として販売が開始されました。

プロペシア(フィナステリド)は5α-リダクターゼの作用を妨げる薬であると前述しましたが、5α-リダクターゼには1型と2型の2つが存在します。そして、プロペシアが作用するのは2型の5α-リダクターゼのみです。

1型と2型の違いを簡単に説明すると以下のようになります。

  • 1型・・・全身の皮脂腺や後頭部、側頭部に存在する
  • 2型・・・前立腺や髭、生え際、頭頂部の毛乳頭など限られた部分に存在する

ザガーロは1型、2型両方の5α-リダクターゼの作用を妨げるため、プロペシアで思うような効果が出なかった人にも効果が期待できると言われています。

ザガーロは1型、2型両方に効き、発毛も期待できる

ザガーロは1型、2型両方の5α-リダクターゼの作用を妨げ、AGAの原因であるDHTの産出を強く阻害します。それにより効果はプロペシアよりも高いと言われています。

プロペシアの添付文書の【効能・効果】蘭には「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と記載されているのに対し、ザガーロの添付文書の【効能・効果】蘭には「男性における男性型脱毛症」と記載されています。

プロペシアには記載されている「進行遅延」が書かれていないのです。これはつまり、「進行遅延」だけではなく、「発毛」も期待が出来るという意味になります。

プロペシアの添付文書はコチラ

ザガーロの添付文書はコチラ

飲むタイミングで効果を高める

目覚まし時計

プロペシアには推奨される飲み方があります。効果に不満を抱いている方は、一度飲むタイミングを見直してみると良いでしょう。

毎日同じ時間に飲む

薄毛治療の内服薬を利用する時、徹底すべき飲み方があります。それは内服薬を飲むタイミングを決めることです。

飲み下した内服薬は、胃で溶けてから肝臓を通じて全身に行き渡り身体に作用していきます。その流れが終わらない間に内服薬を飲むと効果が重複してしまい、無駄が生じるのです。

内服薬の効果を無駄なく得るためにも毎日決まった時間に飲むように心がけましょう。また、飲み忘れの防止にも有効です。

飲酒をする時間は避ける

飲酒をすると肝臓の解毒作用が働きます。そして、薄毛治療の内服薬も、同じく肝臓に負担をかけてしまうのです。

飲酒の前後に薄毛治療の内服薬を飲むと、肝臓のオーバーワークを招いてしまいます。それは身体に良くありません。身体に負担をかけないためには、飲酒と内服薬の時間帯を離すべきです。

晩酌をする習慣のある方は毎日朝食後に服用すると良いでしょう。

偏った食生活を見直す

健康的な食事

プロペシアを飲んで3ヶ月以上経過しても満足のいく効果が得られていない場合、食生活を見直してみましょう。

髪の毛も筋肉などと同じように、成長するにはその材料が必要になります。髪に良い栄養素を食事で摂取することは薄毛予防策として有効であり、AGA治療薬の効果を高めることにもつながります。

外食は出来るだけ避ける

外食サービスで提供されているメニューは、美味しさを追求しています。リピーターを獲得して、より大きな利益を得るためです。しかし、お店側の利益追従の姿勢は、利用者の健康を配慮していません。

簡単に言えば、脂質が多く含まれているメニューが豊富なのです。栄養バランスの偏りを避けるには、外食ではなく自炊中心に切り替えるべきです。

栄養バランスのとれた食事を心がける

自炊を積極的に行えば、摂取する栄養をコントロールしやすくなります。ですが、自炊に切り替えても、自分の好きなメニューや得意料理が中心になっては、あまり意味がありません。

大切なのは栄養バランスを計算し、髪の毛にとって良い栄養素を摂取することです。

薄毛に良い栄養素

実は髪の毛に良い3大栄養素が存在しています。それはタンパク質と亜鉛とビタミンです。

髪の毛は99%がタンパク質で構成されています。亜鉛は毛母細胞の分裂を活発化させることや、髪の周囲のキューティクルに関わっている栄養です。

そして、ビタミンは頭皮の状態を良くする効果があります。薄毛解消を望んでいるなら、どの栄養も積極的に摂取すべきです。

禁煙

タバコ

プロペシアの正しい飲み方を守ると同時に、実施すべきは禁煙です。喫煙は人体にとって害を与えますが、髪の毛にも様々な悪影響を及ぼします。

タバコに含まれているニコチンには血管収縮の作用があるのです。血管は栄養を届けるための道でもあるので、それが狭まってしまうと、やはり髪の毛の栄養不足に陥ってしまいます。

また、喫煙によるビタミンの消費も良くありません。髪の成長のために摂取したビタミンが喫煙で消費されてしまうと、頭皮や髪の毛の分が不足することになります。

ストレス発散

精神的な問題も、髪の毛に悪影響を与える一因です。人間には交感神経と副交感神経が存在しています。この2つの神経は自律神経と呼ばれるものです。この2つの神経が交互に切り替わることで、人間の身体は健康を保っています。

しかし、ストレスを抱えていると、緊張状態の時に働く交感神経のまま固定されてしまうのです。交感神経が働いている時は血管が収縮します。つまり、タバコを吸った時と同じく、頭皮や髪の毛の栄養伝達に支障を来たすのです。

生活習慣を改善する

あくび

食生活や喫煙、ストレス以外にも、生活習慣を改善することは薄毛予防として有効です。

早寝早起きを心がける

髪の毛が最も成長するのは、22時から26時です。その間に眠っていると、成長ホルモンがよく分泌されるおかげで、育毛が捗ります。その恩恵を得るためには、早寝を心がけるべきです。

しかし、早い時間帯に布団へ入っても、なかなか寝付くことはできないものです。そこで同時に早起きを実施します。早い時間の起床が習慣になれば、それに応じて眠くなる時間帯も早くなります。

正しいプロペシアの飲み方の実践と同時に、ぜひとも取り入れたい習慣です。

適度な運動をする

年齢を重ねると、身体を動かすのが億劫になります。その状況が薄毛を進行させていることはあり得るのです。なぜなら、運動をしないと血液の巡りが悪くなります。

何度も繰り返していることですが、血液の循環の悪化は薄毛の要因の1つです。休日に適度な運動を行うだけで、このリスクは激減します。

そして、併せて期待できるのが、ストレス解消の効果です。身体を動かすとストレスが解消されるので、自律神経が正常化へ向かいます。

まとめ

プロペシアはAGAの進行を遅延する薬であり、発毛は期待しない

発毛に有効な薬はミノキシジルであり、プロペシアとの併用で特に効果がある

ザガーロはプロペシアと似た効能を持つ薬だが、効果はプロペシアよりも高い

プロペシアは毎日同じ時間に飲み、飲酒の前後は避ける

外食は避け、髪に必要な栄養素を食事から積極的に摂取する

喫煙やストレスは薄毛の原因となるため、薬の効果を高めるためにも改善すべき

早寝早起きを心がけ、適度な運動をすることは薄毛予防として効果的である

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

ヘアメディカル

ヘアメディカル

AGA治療実績は日本最多150万人!

安心と実績!日本初の発毛専門クリニック

600パターンからのオーダーメイド治療!

東京・大阪・名古屋・福岡と全国主要都市をカバー

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.