誰でも簡単!薄毛を復活させる4つの方法

投稿日:2016年12月29日 更新日:

アイキャッチ

髪の毛が減ってしまった事実に悩んでしまう人は珍しくありません。周囲の人間がフサフサな髪の毛をしているほど、薄毛のコンプレックスを抱えこんでしまいがちです。

ですが、諦めてしまうことは早計です。髪の毛の悩みは今後の取り組みによって、改善の兆しへ向かいます。それどころか、僅かな工夫で髪の毛が完全に回復することもあり得るのです。

ここから先は薄毛の原因や解決策などについて扱っています。もしも、あなたが髪の毛の復活を望んでいるなら、一読することをオススメします。

そもそも薄毛は何が原因でなってしまうのか

男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れ

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5αリダクターゼと結びつくことで、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる物質に変化します。そして、ジヒドロテストステロン(DHT)はヘアサイクルを著しく乱してしまうのです。

結果的に抜け毛のペースが早まり、髪の毛の成長が追いつかなくなります。抜け毛のペースが髪の毛の成長を上回ることで、薄毛を引き起こすのです。この一連の流れは男性型脱毛症、通称AGAといいます。

ヘアサイクル

薄毛を促進する生活習慣

薄毛が進行している時は生活習慣が悪化している可能性があります。特に注意しなければならないのは食生活と喫煙と睡眠不足です。

脂っこい食事が続いていると皮脂の過剰分泌が進んでしまい、頭皮環境が悪化してしまいます。

喫煙は血管を収縮するため、毛乳頭まで酸素と栄養素が届きにくくなります。血管の中にある酸素と栄養素が毛乳頭まで届けられることで、髪の毛の成長は健全に行われるのです。

そして、髪の毛の成長は睡眠中に行われます。睡眠不足が続いてしまえば、髪の毛の成長の機会を逃してしまうようなものです。

ストレス

髪の毛を復活させるには外的な要因ばかりに注意を向けるべきではありません。なぜなら、精神的な問題も、薄毛の進行に影響するからです。

具体的にはストレスです。ストレスを抱えた状態が続いていると、自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れによって起きるのは血管の収縮です。血液の道が狭まれば、毛乳頭に届けるべき酸素と栄養素が不足してしまいます。

髪の毛の成長に必要なものが欠ければ、薄毛になってしまうのは当然です。

薄毛の原因まとめ

AGAによヘアサイクルの乱れ

脂っこい食事による頭皮環境の悪化

喫煙やストレスにより血管が収縮し、栄養素が髪に届かない

薄毛を復活させる4つの方法

内服薬によるAGA治療

プロペシア

AGAによるヘアサイクルの乱れは専用の内服薬で治療が可能です。AGA治療で特に優れた効果を発揮するのは、プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルです。

フィナステリドが備えている効果は5αリダクターゼの抑制です。AGAの元凶でるジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンと5αリダクターゼが結合して発生します。5αリダクターゼの発生を抑えることで、るジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑え、ヘアサイクルの乱れを正常に戻すという仕組みです。

ですが、ヘアサイクルを改善させても直ぐに髪の毛が増えるわけではありません。そこでミノキシジルを利用します。

ミノキシジルの持つ血管拡張効果で髪の毛の成長を促すのです。血管が拡張すれば流れる血液量が増えます。それは血液の中に含まれている酸素と栄養素の伝達量が増えるということです。

毛乳頭が受け取る酸素と栄養素が多くなれば、その分だけ髪の毛は成長します。フィナステリドとミノキシジルを同時に服用すれば、髪の毛の復活は目前です。

フィナステリドの説明

ミノキシジルの説明

育毛剤を使用する

薄毛の進行がそれほど進んでいないなら、育毛剤を使うのも有効な手段です。内服薬によるAGA治療よりも効果は低いですが、最先端の育毛剤は薄毛解消に効能があると認められています。

育毛剤の持つ効果は製品によって異なりますが、共通点もあります。それは入浴後にドライヤーで髪の毛を乾かしてから使うべきだということです。育毛剤を使った後も髪の毛は濡れますが、それは自然乾燥が推奨されています。

生活習慣を改善する

食生活の見直しによって薄毛解消を狙うなら、卵を食べるべきです。卵に含まれている亜鉛・セレニウム・鉄は、髪の毛の成長に大きく貢献しています。ただし、食べ過ぎるとコレステロールが増加するので、1日に1個に制限するのが常識です。

そして、禁煙を心掛けることによって、血管の収縮を防ぐのも大切です。その場合には副流煙の存在にも気を付けます。禁煙所に近づかないように意識すべきです。

また、十分な睡眠を取ることも必要になります。特に深夜から朝方にかけての時間帯は、絶対に眠っているべきです。その時間帯は最も髪の毛が成長するタイミングだと言われています。

趣味や運動でストレスを発散する

ランニング

精神的な問題が薄毛の原因になっているなら、販売されている育毛グッズや生活習慣の是正で改善するとは限りません。その場合にはストレス発散を心掛けることがポイントです。

気持ちを開放するやり方は人によって少しずつ違いがあります。趣味への没頭やスポーツなど、自分なりのやり方を探しておくべきです。休日にストレス発散をするだけで、髪の毛が復活するケースはよく見られます。

薄毛が復活するまでに必要な期間

内服薬での治療であれば約3か月で効果を実感

薄毛の治療方法は様々ありますが、最も短期間で効果が出る治療法はAGA専門クリニックでの治療です。

AGA専門クリニックでの治療は大きく分けて2つあります。1つ目が「内服薬での治療」、2つ目が「育毛メソセラピー」です。

内服薬での治療は前述したとおり「プロペシア(フィナステリド)」と「ミノキシジル」の処方です。もう一つの育毛メソセラピーは、毛母細胞を活性化させる成長因子やミノキシジルを直接頭皮に注入するという方法です。

治療薬の場合1年~1年6ヶ月程度でフサフサになるのに対し、育毛メソセラピーであれば6ヶ月程度で同じくらいの効果があると言われています。

費用はかかりますが短期間で薄毛を復活させたい人には内服薬での治療と育毛メソセラピーを併せた治療をオススメします。

育毛メソセラピーの効果

薄毛の復活が期待できない方法

日本には昔から様々な薄毛改善方法がありますが、中には科学的根拠のない方法が多く存在します。

ここではAGAが原因の薄毛には効果がない、もしくは効果が薄い方法を紹介します。

育毛サロンでの頭皮ケア

育毛サロンとは、テレビCMで見たことのある人も多いと思いますが、頭皮の脂を除去するなどの頭皮ケアで発毛を促すというものです。昔から存在する薄毛対策ですが、薄毛の原因の多くがAGAであると科学的に解明された現在、オススメ出来る方法ではありません。

勿論中には薄毛の原因が脂など頭皮に問題があるケース(脂漏性脱毛症)もあります。そういった方には内服薬での治療よりも効果はありますが、薄毛の原因としてはごく少数です。

また、費用も1年で100~200万円と高額であり、コストパフォーマンスの面でもAGAクリニックでの治療と比べると極めて低いと言えます。

皮膚科でのAGA治療

AGA治療は専門クリニックの他、AGA外来に対応している病院の皮膚科でも受診することができます。

しかし、AGA専門のクリニックと皮膚科のAGA治療は全く別の治療と考えたほうが良いでしょう。最も大きな違いは以下のとおりです。

AGA専門クリニック・・・AGAを治療したうえで発毛治療も行ってくれる。

皮膚科のAGA外来・・・AGAの治療はするが発毛治療は行わない。

なぜこのような違いが生まれるかというと、それは処方される薬の違いです。

AGA専門クリニックはプロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの処方をしてくれるのに対し、皮膚科はプロペシア(フィナステリド)の処方のみが基本です。

プロペシア(フィナステリド)はAGAの進行遅延の薬ですので発毛に大きな期待は出来ません。現状維持ならば皮膚科でも良いですが、髪を増やしたいのであればAGA専門のクリニックで治療を受けることをおすすめします。

また、費用についても違いがり、AGA専門クリニックは2回目以降は診察費用がかからない(薬代に含まれる)のに対し、皮膚科は都度診察費用がかかるため、ランニングコストの面でもAGA専門クリニックのほうがメリットがあります。

AGA専門クリニックと皮膚科の違いを以下にまとめます。

治療内容 AGA専門クリニック 皮膚科
プロペシア(フィナステリド)の処方 対応 対応
ミノキシジルの処方 対応 非対応のところがほとんど
育毛メソセラピー 対応 非対応
各種検査(遺伝子検査等) 対応 非対応
費用 月額¥6,000~ 月額¥10,000~

効果のない育毛剤の使用

育毛剤は手軽に購入や利用ができるので高い人気を誇っています。ですが、中には効果のない育毛剤も存在します。

育毛剤は効果を実感するまで時間もかかります。そのため半年ほどはガマンして使い、効果がでなければ他の育毛剤に切り替える。それでまた効果がなければ他の育毛剤・・・といった具合に、お金と時間を無駄にしている人が非常に多いです。

内服薬による治療は医学的に効果が立証されていますし、育毛剤よりも短期間で効果が現れます。もしあなたがお金と時間を無駄にせず、早くフサフサになりたいのであれば、育毛剤での改善はオススメしません。

復活の望みが薄いケース

ヘアサイクルが終了し毛根が閉じている

髪の毛の成長は一定のサイクルを繰り返しています。しかし、このサイクルは永久に続くわけではありません。人は一生の内に40~50回のヘアサイクルを繰り返します。

ではヘアサイクルが終了するとどうなるかというと、毛根が閉じて二度と髪は生えなくなります。禿げている人で光沢を放っている人をたまに見かけますが、ああいった人達は毛根が閉じて光沢を放っているのです。

残念ながらそのような人達はどんな治療をしても、現在の医療では髪が生えることはありません。自毛植毛の必要があります。

20歳くらいでAGAが発症してしまえば、40歳前後でヘアサイクルが終了しツルピカのハゲ頭になります。そうならないためにも、AGAが発症したら1日でも早い治療が必要なのです。

AGAではなく円形脱毛症など別の原因

AGA治療を行う時、フィナステリドやミノキシジルは優れた効果を発揮します。ですが、フィナステリドやミノキシジルは、どんな薄毛でも解消するという内服薬ではありません。

円形脱毛症の様なAGAと無関係の症状に対しては、別の手段が探す必要があります。

まとめ

薄毛の原因の大部分はAGA(男性型脱毛症)である

食生活や喫煙、ストレスも薄毛の原因である

薄毛を復活させる最善の方法は内服薬によるAGA治療である

内服薬によるAGA治療は3ヶ月程度で効果が実感できる

育毛サロンの頭皮ケアではAGAの治療は出来ない

皮膚科は現状維持のみ、AGA専門クリニックなら発毛できる

AGAクリニック人気ランキング

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にした人気ランキングです。まずはランキング上位のクリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

【1位】AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国49院で転勤・引越しでも安心

【2位】AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

【3位】ヘアメディカル

ヘアメディカル

AGA治療実績は日本最多150万人!

安心と実績!日本初の発毛専門クリニック

600パターンからのオーダーメイド治療!

東京・大阪・名古屋・福岡と全国主要都市をカバー

-薄毛対策・予防法

Copyright© 薄毛治療のハゲ活│AGAクリニック(病院)比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.