治療を受けてもAGAが治らない5つのケース

投稿日:

アイキャッチ画像

AGA治療を受けてフサフサな髪を取り戻したいけど、本当に治るのかどうか疑心暗鬼になっていませんか?

治療にはお金がかかります。それで髪が増えなければ支払った治療費は無駄になってしまうため、慎重になるのは当然です。

AGA治療は男性の薄毛対策として最も効果がある方法ですが、100%誰でもフサフサになるわけではありません。

ここでは、治療を行ってもAGAが治らない5つのケースについて説明します。このケースに該当しない人や、正しい治療を受けることで、高い確率でAGAの治療は可能であり、発毛することもできます。

AGA治療の効果を高める方法も合わせて紹介しますので、是非参考にしてください。

薬による治療は現状最も効果の高い薄毛対策

女医さんのイメージ画像

過去、薄毛対策は育毛剤や育毛サロンといった方法しかありませんでした。これらの対策は現在もありますが、あくまでも民間療法であり効果もハッキリしません。

しかし、男性の薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)であることが判明し、薄毛になるメカニズムも解明され、現在は薬を使った医療行為によって発毛することが出来るようになりました。

薬による治療は唯一推奨度Aを獲得している薄毛対策

1900年(明治33年)に創立された「公益社団法人日本皮膚科学会」では、科学的根拠がなく効果もない治療を続ける薄毛男性が依然として多いことから、科学的根拠に基づいた情報を発信し、標準的治療法の促進を目的として「男性型脱毛症診療ガイドライン」を公表しました。

このガイドラインではAGA治療に用いられる「プロペシア(主成分フィナステリド)」や「ミノキシジル」の他、育毛剤に使用されることが多い成分について、推奨度をA~Dに分類しました。以下が詳しい分類方法です。

推奨レベル 説明
A 行うよう強く勧められる
B 行うよう勧められる
C1 行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2 根拠がないので勧められない
D 行わないよう勧められる

以下、ガイドラインからの抜粋です。

ガイドライン

出典:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

ご覧のように、推奨度Aを獲得しているのはAGA治療で処方される「フィナステリド」「ミノキシジル」のみとなっています。

つまり、薬を用いたAGA治療は最も奨められる薄毛対策であるということです。

治る確率は100%確実ではない

AGA治療は最も奨められる薄毛対策ですが、100%ではありません。

AGA治療を専門に行う大手クリニックのAGAスキンクリニックでは、「発毛実感率99.4%」を謳っています。この数字の根拠ですが、以下の方法で算出されています。

2011年5月~2013年1月の期間に治療を6ヶ月間継続した400名の患者を対象にアンケート調査を行った結果。

AGAスキンクリニックでは月に一度の通院の際、薄毛の改善状況を「正面、生え際、M字部分、頭頂部」など様々な角度から写真を撮影し、患者自身が客観的に治療の効果が実感できるようにしています。

その結果、400名中99.4%の人が「発毛を実感した」とアンケートで解答しているのです。つまり、400名中2名は発毛が実感できなかったという訳です。

100%ではありませんが、この数字は「AGA治療がいかに効果のある治療か」を物語っていると言えるでしょう。

治療をしてもAGAが治らない5つのケース

薄毛についてカウンセラーに相談する男性の画像

AGA治療は100%治らないと説明しましたが、治らないケースとして考えられる5つのケースを説明します。

ヘアサイクルが終了し毛根が閉じている

人の髪の毛の本数は生まれた時から決まっていて、1本の髪の毛は「成長期→退行期→休止期」を繰り返します。これをヘアサイクルといいます。

AGAではない人の正常なヘアサイクルの周期は2年~6年で1周し、一生のうちに40~50回程度のヘアサイクルを繰り返します。

以下はヘアサイクルについてわかりやすく図にしたものです。

ヘアサイクルについて説明するイラスト画像│髪の毛は「成長期(約2~6年)」→「退行期(約2週間)」→「休止期(約3~4ヶ月)」を1回のサイクルとし、繰り返す。

しかし、AGAの人のヘアサイクルは正常な人と比べて大きく違います。本来髪の毛は成長期間の2年~6年で太く長く成長するのですが、AGAの人はこの成長期間が数ヶ月~1年となります。そのため髪の毛が十分に成長しない内に退行期、休止期と進んで抜けてしまいます。

結果的に、生えている髪は細く短いうぶ毛が多くなって髪全体のボリュームがなくなり、抜ける本数も増えて地肌が透けて見える状態になるのです。

AGAが発症している時と正常時の、ヘアサイクルの期間の違いを説明した画像。│AGAが発症している場合、成長期が数ヶ月~1年と大幅に短くなる。

また、ヘアサイクルの周期が短くなれば、40~50回繰り返すサイクルは早く終わります。ヘアサイクルが行われなくなるとどうなるかというと、毛根が閉じてしまい発毛しなくなります。

この状態になってしまうと、いかにAGA治療薬が優れた効果を持っていると言っても、発毛は難しくなります。

ミノキシジルを服用していない

AGA治療で処方される薬として最も一般的なものは以下の2つです。

  • プロペシア(フィナステリド)
  • ミノキシジルタブレット(服用タイプ)

2つの治療薬の違いは以下のようになります。

  • プロペシア(フィナステリド)・・・AGAの進行遅延
  • ミノキシジルタブレット・・・発毛

フィナステリド(プロペシア)の効果について説明する画像│現状維持の薬であり、男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)の結合を阻害して、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制する。

ミノキシジルの効果について説明する画像│発毛する薬であり、血管を拡張して結構を良くし、発毛に必要な栄養素を毛包にたくさん供給。細胞分裂を促して髪を太く、長く成長させる。

上記のとおり、プロペシア(フィナステリド)だけの服用では、AGAの進行を遅らせ現状を維持する程度の効果しかありません。今よりも増やしたい、発毛したい場合はミノキシジルタブレットの服用は必須です。

ミノキシジルとは、日本で唯一発毛効果が確認されている発毛薬です。ミノキシジルで発毛する仕組みは以下の2つです。

  • 血管を拡張し、血流をよくすることによって、毛髪に栄養を送りやすくする
  • 小さくなった毛包を大きく深くして、軟毛化した毛髪を太い毛に成長させる

注意が必要なのは、病院(皮膚科等)のAGA外来ではミノキシジルタブレットの処方は行っていないということです。ミノキシジルタブレットを服用して今よりも増やしたいのであればAGA治療の専門クリニックで治療を受ける必要があります。

個人輸入した薬を服用している

最近では海外のプロペシアやミノキシジルを個人輸入して服用している方がいるようです。薬の個人輸入自体は違法ではありませんが、問題なのは「個人輸入代行業者」を利用するケースです。

個人輸入代行業者とは、その名の通り薬の個人輸入を代行する業者です。ネット通販のよな感覚で手軽に安く海外医薬品が入手できますが、中には効果のない偽造品である可能性があります。偽造品であれば当然効果はなく、長く服用をしてもAGAは治りません。

WHO(正解保険機関)の調べによると、流通している薬の内約10%は偽造品だと言われています。また、日本の製薬会社が共同で調査した結果によると、個人輸入代行業者から入手した薬のうち約4割が遺贈品であり、中には服用して死亡したケースもあります。

個人輸入代行業者について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイル9割が違法!4割が偽造品!通販でプロペシアを買ってはいけない5つの理由
プロペシアをはじめ、バイアグラなど海外の医薬品が安価で販売されている個人輸入代行業者の通販サイトを見て、購入を検討している人...

加齢による毛母細胞の活性力低下

髪の毛の成長に大きく関わるのが毛母細胞と呼ばれる部分です。髪の毛は毛母細胞が分裂を繰り返すことで成長します。しかし、毛母細胞の活性力は加齢とともに衰えていきます。

治療によってヘアサイクルが正常になったとしても、新しい髪の毛が成長しなければ発毛を実感することは難しいでしょう。

髪の成長に必要な栄養が不足している

筋肉や骨などの成長に栄養素が必要であるのと同じように。髪の毛の成長にも栄養が必要です。AGA治療薬を服用していたとしても栄養が不足していれば髪の毛は成長しません。土を耕し種をまいても肥料がなければ作物が育たないことと一緒です。

そのため、AGA治療の専門クリニックでは髪の成長に必要な栄養素が摂取できるサプリメントを治療薬とセットで処方しています。

髪の毛の成長に必要な栄養素について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

薄毛予防に絶対摂りたい3大栄養素
あなたが薄毛に不安を抱えているなら、実践すべきことがあります。髪の毛の成長に関わる栄養を意欲的に摂取するのです。 髪の成長に...

AGA治療の効果を高める方法

育毛マッサージをする男性の画像

治療を受けてもAGAが治らないケースについて説明しました。読んでいただいて「自分も治らなかったらどうしよう」と不安を感じている人もいるかもしれません。しかし、100%ではないにしても他の薄毛対策と比べればもっとも効果のある対策であることは間違いありません。

ここでは、日常生活の中で出来るAGA治療の効果を高める方法を紹介します。

育毛マッサージをする

髪の毛の成長のために必要な栄養素を届けるために頭皮の血流は大切です。育毛マッサージには頭皮の血行を良くするなど、薄毛対策として様々な良い効果があります。

しかし、自己流の間違った方法でマッサージをしている人も少なくありません。折角時間をかけて行っても間違ったやり方では効果はあがりません。

効果的な育毛マッサージのポイントは以下の3つです。

  • 1回5分程度、朝晩の1日2回
  • 入浴中や風呂上がりが効果的
  • 深呼吸をしながらリラックスして行う

以下の記事では育毛マッサージの効果や、マッサージのやり方を動画で紹介しています。是非参考にしてください。

アイキャッチ1回5分!正しい育毛マッサージの方法と効果を高める3つのポイント
効果的な薄毛対策として育毛マッサージがあります。 髪の毛の成長のために必要な栄養素を届けるために、頭皮の血流は大切です。育毛...

禁煙する

ハーバード大学の研究によると、喫煙者は非喫煙者と比べてAGAの原因物質であるDHTが13%増加するという結果が出ています。

また、喫煙は肝機能の低下と血管収縮を助長させます。そのため栄養が頭皮に伝達し難くなり、ケラチンタンパク質の生成に悪影響を与えるのです。

その他、

  • ビタミンCが大量消費される
  • タバコの煙は頭皮の水分を奪い頭皮環境を悪化させる

といったデメリットもあります。薄毛になりたくないのであれば喫煙はやめたほうが良いでしょう。

喫煙が薄毛に与える影響について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

タバコがはげに良くない5つの理由と禁煙のメリット
タバコは人体にとって様々な害があるというのは有名ですが、ハゲる原因でもあるのです。 しかし、なぜタバコがハゲの原因となるのか...

ストレスを上手に発散する

ストレスはハゲの主な原因ではありませんが、髪の成長に良くないことも事実です。ストレスを受けると交感神経が刺激されて血管が収縮し、血流が悪くなります。髪の毛の成長に必要な栄養は血管を通じて毛母細胞に送られるため、血流が悪くなれば髪の毛の成長を妨げることになります。

ストレスを発散することで脱毛症の予防や健やかな髪の成長を促すことができます。ストレス発散にはいくつかの方法がありますが、中には飲酒、大食いなど育毛にとって良くない方法もあります。

ストレスと薄毛の関係や上手なストレス解消法について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

ストレスでハゲるは嘘?!本当の原因と治療法
「ストレスはハゲの原因」という説は男性なら一度は聞いたことがあると思います。しかし、結論から言ってしまえば、ハゲの原因はAGA(...

睡眠をしっかりとる

睡眠は髪の毛の成長と密接に関わっています。睡眠を取ることで成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンは身体のあらゆる部分の成長に関わっており、髪も例外ではありません。成長ホルモンは入眠から3~4時間の間に脳下垂体から分泌されます。つまり、この時間にしっかり熟睡することが髪の成長にとっても大切という事です。

また、睡眠不足は自律神経の乱れやストレスの原因にもなりますので、できるだけ十分な睡眠をとるようにしましょう。

バランスの良い食生活を心がける

髪の毛の成長には栄養が欠かせません。栄養は食事等から摂取し、血液に乗って頭部まで届けられます。

育毛には欠かせないと言われる栄養素は亜鉛です。髪の毛はケラチンタンパク質という成分に構成されているのですが、亜鉛はそれが合成される際に必要となります。

また、亜鉛にはAGAの進行に関わる5α-リダクターゼを抑える機能も持っています。5α-リダクターゼとは、テストステロンと結合してAGAの原因物質となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す酵素です。つまり、5α-リダクターゼの働きを抑制することは、AGAの進行を止めることになります。

亜鉛はビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がアップします。

効率的に亜鉛が摂取できるおすすめ食材については以下のリンク先をご覧ください。

薄毛予防に効果的!亜鉛の摂取のオススメ食材7選
髪の毛の成長は様々な要素が関わっています。薄毛になりやすい体質の人がいるのも事実です。ですが、髪の毛の成長に関わっている栄養...

適度な運動をする

適度な運動を習慣化すれば育毛が捗るのは間違いありません。運動によって血行が良くなれば、髪の毛の成長に不可欠な栄養が届き易くなるからです。

特に、全身を動かす有酸素運動がオススメだと言われています。ジョギングや水泳やサイクリング、激しい運動が苦手であればウォーキングでも問題ありません。長時間に渡って身体を動かし続ければ、育毛への高い効果を得られます。

ミノキシジルの外用薬を使う

ミノキシジルには服用するタブレットタイプ以外にも、頭皮に直接塗布する外用薬タイプがあります。外用薬はドラッグストアでも販売されており、大正製薬の「リアップシリーズ」が有名です。

発毛効果としてはタブレットタイプの方が高いですが、タブレットだけで十分な効果が実感できない場合は外用薬タイプの併用を試してみましょう。専門クリニックによってはタブレットと外用薬両方の処方を行っているところもあります。

ミノキシジル外用薬について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

内服薬との併用はあり?ミノキシジル外用薬の効果と副作用
「内服薬を飲んでいるけどいまひとつ効果に満足できない」と考えている人におススメなのが、リアップ等でおなじみ「頭皮に塗る外用タ...

育毛メソセラピー治療を受ける

育毛メソセラピーとは、ミノキシジルや成長因子を頭部に注射器等で注入する発毛治療です。

成長因子とは幹細胞を抽出したもので、幹細胞は分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力を持ち、際限なく増殖できる細胞です。育毛メソセラピーはこの特性を利用して薄毛治療を行います。

主に、薬での発毛に時間がかかる生え際やM字部分に注入したり、発毛スピードを速めたいという人におすすめの治療です。

育毛メソセラピーについて詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイルM字ハゲに朗報!ミノキシジル注射(育毛メソセラピー)の効果や痛みについて
発毛に欠かすことのできないミノキシジルですが、飲むタブレットタイプと塗る外用薬タイプの他に、頭皮に注射するタイプもあります。...

まとめ

以上、治療を受けてもAGAが治らないケースについて説明しました。薬によるAGA治療を受けても100%治るわけではありません。特に、薄毛がかなり進行している40歳以上の方は、治らない可能性があることを理解したうえで治療を受けるようにしましょう。

しかし、薬による治療は日本皮膚科学会が科学的根拠を元にAランクの推奨度としているように、最も効果のある薄毛対策です。

AGAは進行性であり、治療を受けずに放置すれば薄毛はどんどん進みます。毛根が閉じてしまってからではいよいよ発毛は難しくなります。

治療を受けるかどうか迷っているのであれば、気軽にカウンセリングで相談してみると良いでしょう。AGA治療の専門クリニックでは無料のカウンセリングを行っています。頭髪の状態を診てもらい、治るかどうか相談してみると良いでしょう。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

ヘアメディカル

ヘアメディカル

AGA治療実績は日本最多150万人!

安心と実績!日本初の発毛専門クリニック

600パターンからのオーダーメイド治療!

東京・大阪・名古屋・福岡と全国主要都市をカバー

-薄毛治療

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.