AGA治療で処方される薬について~効果と副作用、注意点まで詳しく解説~

投稿日:2018年2月28日 更新日:

アイキャッチ

薄毛男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)と広く知られるようになり、AGA治療薬を服用する人は年々増加しています。

AGA治療に用いられる薬は主に5種類あり、有名なものではプロペシアやミノキシジルといった薬があります。

その中には同じような効果を持ったものがありますが、薬によって効果の強さや副作用の発現率などに違いがあります。また費用も数千円単位で異なるため、治療を続けていく上でコストについても考える必要があります。

そこで今回は、AGA治療薬の効果や副作用、費用について詳しく説明します。また、治療薬の服用時に知っておくべき注意点などについても説明します。

AGA(男性型脱毛症)とは

薄毛の原因

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という意味です。AGAは成人男性にみられる脱毛症で、前頭部や頭頂部の髪が一定のパターンで薄くなっていく特徴があります。日本の薄毛男性は約1,200万人と言われていますが、その原因のほとんどがAGAです。

ひと昔前まで、男性の薄毛の原因はハッキリされていませんでした。しかし、研究の結果AGAが薄毛の原因であることが解明され、今では治療法も確立されています。

AGAは進行性で、治療せずにそのままにしておくと徐々に髪は細く短くなっていき、やがて毛根が閉じて髪が生えなくなります。そのため、発症したら1日も早い治療が必要です。

AGA治療薬の効果と副作用

AGA治療薬は5種類あり、主に「AGAの進行遅延」「発毛」の効果を持つ2つに分類されます。ここでは、AGA治療薬の効果と副作用の説明と、治療薬の相場も紹介していきます。

プロペシア

プロペシア

プロペシアはMSD社(旧万有製薬が)から販売されているAGA治療薬です。現在では世界60ヶ国以上で承認され、日本では2005年に販売が開始されました。

プロペシアの効果

プロペシアの有効成分フィナステリドはAGAの進行を遅延する効果を持ちます。

AGAの主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。DHTは髪の毛に対して脱毛を促す信号を出し、ヘアサイクルを狂わせます。

DHTの作用説明

通常、髪の毛は2年~6年かけて太く長く成長しますが、DHTによって数ヶ月で抜け落ちてしまいます。その結果、髪の毛は細く短い髪ばかりになり、抜け毛も増えて薄毛になるのです。

AGAのヘアサイクル比較

DHTは還元酵素5α-リダクターゼと男性ホルモンの一種テストステロンが結合すると生成されます。

有効成分のフィナステリドはⅡ型5α-リダクターゼの働きを妨げ、テストステロンとの結合を阻害します。その結果DHTの発生を抑止する効果があります。

フィナステリド(プロペシア)の作用説明

国内の臨床試験ではプロペシア1mgを1年間投与で58%、2年間投与で68%、3年間投与で78%に改善効果が認められています。

さらに、現状維持も含めると3年間で98%の人にAGAの進行が認められなかったという結果が出ています。

ただし、このデータは20~50歳の方でAGAの進行が軽~中程度の患者が対象です。AGAがだいぶ進行している方や50歳以上の方はあまり効果を期待できないこともあるため気を付けましょう。

また、プロペシアに発毛効果はないため、あくまで現状維持やAGA予防を目的とした薬であると考えてください。

プロペシアの副作用

プロペシアは薬である以上副作用が存在します。主な副作用は以下の2つです。

  • リビドー低下(性欲減退)
  • ED(勃起不全)

以下に詳しく解説します。

リビドー低下(性欲減退)

フィナステリドの効果により男性ホルモンの活動が抑えられるため、性欲が減退すると言われています。国内の臨床試験では、リビドー低下の発症率は1.1%です。

アメリカで行われた二重盲検試験では、発症率はプロペシアを飲んだグループが1.8%、プラセボ(偽薬)が1.3%という結果が出ています。この結果からわかるように、思い込みよることも考えられるため薬の影響が大きいとはあまり言えません。

ED(勃起機能不全)

リビドー低下と同様の理由でEDの副作用も懸念されています。国内の臨床試験では、EDの発症率は0.7%です。

アメリカで行われた二重盲検試験の結果では、発症率はプロペシアを飲んだグループが1.3%、プラセボ(偽薬)が0.7%という結果が出ており、こちらも思い込みによるものだと言われています。

副作用の発症率は極めて低いものの0ではないため確実に安全だとは言えません。しかし、気持ちの部分が大きいため服用の際はあまり気にしすぎないことが大事です。

プロペシアの副作用については以下の記事により詳しくまとめてありますのでご覧ください。

サムネイルプロペシア(フィナステリド)の副作用を臨床試験データを元に詳しく解説
AGA(男性型脱毛症)の治療薬でもっとも有名なものと言えばプロペシア(主成分フィナステリド)です。AGA治療には必須の薬ですが、「...

プロペシアの費用

プロペシアに限らずAGA治療は保険の適用されない自由診療です。よって薬の価格も病院側で自由に決めることができます。

また、プロペシアは医師処方薬のためドラッグストアでは購入できません。AGA治療の専門クリニック、またはAGA外来を行っている病院にて処方を受けることができます。

価格の相場は以下のようになっており、AGA治療専門クリニックの方が安く処方してくれます。

  専門クリニック AGA外来病院
価格(1ヶ月分28錠) 7,000円 7,000~10,000円

※価格は目安です

フィナステリド

ファイザー

フィナステリドはプロペシアの後発品です。後発品はプロペシアの特許が切れた後に製造販売され、プロペシアと同じ有効成分と効果を持っています。

後発品のフィナステリドは開発費や研究費のコストがかかっていないため、プロペシアより安く購入することができます。

フィナステリドは「サワイ」「ファイザー」「トーワ」など製品名に製造会社の名前がついていますが、医療機関では後発品をまとめて「フィナステリド」と呼んでいます。

フィナステリドの効果

有効成分がプロペシアと同じであり、効果も同じです。

フィナステリドの副作用

有効成分がプロペシアと同じであり、副作用も同じです。

製薬会社によって薬を構成する添加物に微妙な違いはありますが、今のところ副作用の報告はないためあまり気にする必要はありません。

フィナステリドの費用

プロペシア同様に医師処方薬のためドラッグストアでは購入できません。価格の相場は以下のようになっており、AGA治療専門クリニックの方が安く処方してくれます。

  専門クリニック AGA外来病院
価格(1ヶ月分28錠) 6,000円 6,000~9,000円

※価格は目安です

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロは2015年に厚労省に承認され、GSK社から販売されているカプセル型の治療薬です。

主成分のデュタステリドはフィナステリドと同じような作用機序でAGAの進行を遅延します。効果は似ていますが、デュタステリドの方がAGAに対して高い効果を発揮することで注目されています。

ザガーロの効果

プロペシアはⅡ型の5α-リダクターゼのみに作用しますが、ザガーロの主成分デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の働きを妨げます。また、Ⅱ型の働きを妨げる効果はフィナステリドの3倍とも言われ、より強力にDHTの発生を抑止します。近年ではプロペシアよりザガーロを奨めるクリニックも増えています。

臨床試験において、ザガーロを24週投与して毛髪量の変化を測定したものがあります。その結果がこちらです。

  ザガーロ0.5mg ザガーロ0.1mg フィナステリド1mg ラセボ(偽薬)
変化量 89.6本 63.0本 56.5本 -4.9本

この毛髪の変化量を比較すると、ザガーロ0.5mgはフィナステリド1mgのおよそ1.6倍の改善効果があることがわかります。また、毛髪の太さもザガーロはフィナステリドやプラセボに比べて有意に増加したことが認められています。

ザガーロの副作用

ザガーロもプロペシアと同じような副作用が存在します。しかし、ザガーロはプロペシアよりも効果が高いことから、副作用のリスクも高いと言われています。しかし、成分と副作用の関係性についてはまだ詳しく解明されていません。

ザガーロの添付文書に掲載されている副作用発現率はリビドー低下が3.9%、EDが4.3%となっており、プロペシアの1.1%(リビドー)と0.7%(ED)と比べると少し高めです。

一方、第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において認められた副作用の発現率は以下のようになっています。

  ザガーロ0.5mg ザガーロ0.1mg フィナステリド1mg ラセボ(偽薬)
リビドー低下(性欲減退) 2% 5% 4% 1%
ED(勃起不全) 5% 3% 6% 3%

この結果を見ると、この中で作用が1番強いはずのザガーロ0.5mgがフィナステリド1mgより副作用発現率が低いことがわかります。

このことから、やはり副作用は気持ちの部分が大きいのではないかと推測できます。治療薬と副作用は全く関係がないとは言い切れませんが、服用の際にはあまり気にしすぎないようにすることが大切です。

ザガーロの費用

プロペシア同様に医師処方薬のためドラッグストアでは購入できません。価格の相場は以下のようになっており、AGA治療専門クリニックの方が安く処方してくれます。

  専門クリニック AGA外来病院
価格(1ヶ月分30錠) 8,000円~10,000円 10,000~13,000円

※価格は目安です

ミノキシジルタブレット(内服薬)

ミノキシジル

ミノキシジルタブレットは発毛効果がある薬です。海外では承認されていますが、日本では未承認でAGA治療専門クリニックでのみ処方をしています。

元々は高血圧治療の降圧剤として使用されていましたが、患者に発毛効果が確認されてから発毛薬として使用されるようになりました。現在ではその効果を逆手に取り、発毛薬として利用されています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは主に以下の2つの効果で発毛を促します。

  • 血管拡張効果により、血行を良くして髪の成長に必要な栄養素を毛乳頭に届けやすくする
  • 小さくなった毛包を大きく深くして、細くなった毛髪を太い毛に成長させる

発毛をさせるにはミノキシジルは必須です。プロペシアなどはあくまで薄毛の進行遅延を目的とした薬で、発毛効果はありません。逆にミノキシジルだけでも発毛させるのは難しいです。

そのため、ミノキシジルは主にプロペシアやフィナステリド、ザガーロと併用されます。併用するとおよそ4~6ヶ月ほどで効果を実感することができます。

ミノキシジルタブレットには濃度があり、濃度が高くなるほど効果と副作用のリスクが高くなります。クリニックによって扱う濃度が異なる場合がありますが、基本的に5mg以下で処方しており、最大で10mgになるものあります。

タブレットの他にも外用薬があり、タブレットの方が高い発毛効果を期待できます。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの主な副作用は以下の7つです。

  • 初期脱毛
  • 体毛が濃くなる(多毛症)
  • 顔や足のむくみ
  • 低血圧
  • 動悸
  • 立ちくらみ・めまい
  • 肝臓(肝機能)への影響

以下に詳しく解説します。

初期脱毛

ミノキシジルを使用すると初期の段階で始まる、一時的に抜け毛が増える副作用です。初期脱毛が起きる原因は、成長が止まった古い髪が新たに生えてきた髪によって押し出されて抜け落ちてしまうというものです。場合によっては、1日300~400本に増えてしまうことがあります。

しかし、初期脱毛は薬の発毛効果がしっかりと効いている証拠でもあります。しっかりした新しい髪に生え変わろうとして起きるため心配はいりません。

個人差はありますが、使用から2週間~1ヶ月くらいで始まり、発症から1ヶ月くらいで治まることが一般的です。

体毛が濃くなる(多毛症)

発毛効果が頭部だけでなく全身に及び、体毛が濃くなる副作用です。腕、足、胸、顔などの毛が濃くなることがあります。全身の体毛が濃くなる方もいますが、指の毛だけ濃くなったという方もおり濃くなる部分には個人差があります。

顔や足のむくみ

血管拡張効果により足や顔がむくむ副作用です。血液循環が良くなると血中濃度が薄くなります。濃度を正常に戻すために血管の外に余分な水分を排出して、そこに水分が溜まるとむくみになります。

低血圧

血管拡張効果で血流が良くなり低血圧になる副作用です。低血圧は不整脈や倦怠感、頭痛・肩こりなどの体調不良を起こす原因のひとつです。低血圧体質の人はさらに血圧が低下して体に悪影響を及ぼすこともあります。

動悸

心臓の動きが速くなってドキドキしたり、突然ドクンッと大きな拍動が起きて胸が苦しくなる副作用です。血液循環が良くなるとたくさんの血液が心臓に送られます。そのため、心臓に負担がかかり動悸が起こります。

立ちくらみ・めまい

血管拡張効果によりよって血圧が急激に変化し、脳の血圧が不安定になると起きる副作用です。

肝臓(肝機能)への影響

ミノキシジルに限らず内服薬全般に言える副作用です。内服薬は肝臓で分解・代謝されます。そのため内服薬を飲むと肝臓に負担がかかります。

ミノキシジルの副作用は、主に発毛効果と血管拡張効果が関係しているものになります。以下にミノキシジルの副作用や対処法を詳しく解説している記事があるので合わせてご覧ください。

サムネイルミノキシジルの副作用7つと今すぐできる対処法
ミノキシジルは唯一発毛効果が確認されており、薄毛で悩む多くの人に愛用されています。しかし、サプリメント違って医薬品である以上...

ミノキシジルタブレットの費用

ミノキシジルタブレットは専門クリニックでのみ処方しており、1ヶ月分で10,000円~15,000円程度が目安です。

ミノキシジル外用薬

メディカルミノキ5

ミノキシジル外用薬は薄毛が気になる部分に成分を塗って発毛を促す薬です。日本で承認されているのは「リアップ(大正製薬)」と「メディカルミノキ5(アンファー)」の2つのみで、ドラッグストアでも購入することができます。専門クリニックでもオリジナルの外用薬を処方しているところがあります。

ミノキシジル外用薬の効果

ミノキシジル外用薬の効果についてはリアップX5の臨床試験により、6ヶ月でおよそ80%、1年で90%以上の人に改善効果が認められています。また、6ヶ月で1平方センチメートルに21.8本の発毛が見られ、毛髪の太さも改善されたという結果も出ています。

しかし、6ヶ月で改善効果が見られた90%の人のうち著名改善が11.4%と少なく、内服薬ほどの効果は期待できません。外用薬の経費吸収率は1%と低く、タブレットに比べて発毛するまでに時間がかかります。そのため、しっかり発毛したいのであればタブレットタイプとの併用が好ましいでしょう。ただし、タブレットの副作用が心配な方は外用薬を使用すると良いでしょう。

スカルプDの「メディカルミノキ5」と大正製薬の「リアップ」、買うならどちらが良いかですが、どちらもミノキシジルを5%配合しており同様の効果が期待できます。

しかし、価格で選ぶならメディカルミノキ5がおすすめです。リアップX5はamazonで¥7,611ですが、メディカルミノキ5は公式サイトで4本まとめ買いをすると1本(1ヶ月分)あたり¥6,750と、年間で1万円以上節約できます。

メディカルミノキ5公式サイトへのリンクバナー

メディカルミノキ5とリアップX5の違いについて、詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイル画像【スカルプD】メディカルミノキ5の効果と副作用
元SMAPの草彅君と香取君が「ミノキ兄弟」として出演するCMを見て、「メディカルミノキ5」を知った方は多いでしょう。 特に、「ミノキ...

ミノキシジル外用薬の副作用

外用薬もタブレットと同じ副作用の恐れがありますが、ほとんどは皮膚に関する副作用です。外用薬はエタノールなどの肌に刺激が強い成分が含まれているため、これが副作用の主な原因になります。

ミノキシジルを5%含んだリアップXを対象にした調査では、副作用の発現率は8.82%という結果が出ており、ほとんどはかゆみや発疹などです。もし、副作用が起きたら使用を中止して皮膚科に相談しましょう。

ミノキシジル外用薬の費用

内服薬と違い、ドラッグストアでも購入することができます。専門クリニックでも処方されているものはミノキシジル濃度が高く、その分効果が高くなります。

  専門クリニック ドラッグストア
価格(1ヶ月分) 6,000~13,000円 7,000円

※価格は目安です

AGA治療薬は専門クリニックか皮膚科で処方してもらえる

処方薬

AGA治療薬は専門クリニック、またはAGA外来に対応している皮膚科病院などで処方してもらうことができます。ここでは、専門クリニックと皮膚科病院等の違いについて説明します。

皮膚科は発毛薬の処方はしていない

皮膚科はプロペシアなどのAGAの進行遅延をする薬のみで、発毛効果があるミノキシジルの処方は行っていません。ドラッグストアで購入できる外用薬のミノキシジルを併用する方法もありますが、タブレットに比べて効果が薄く髪が生え揃うまでに時間がかかります。

そのため、しっかり発毛させたい方は専門クリニックでミノキシジルタブレットの処方をしてもらいましょう。

治療薬は専門クリニックで処方してもらうのがおススメ

AGA治療薬は専門クリニックで処方してもらうのがおススメです。先程も説明したように、発毛薬の処方をしているからです。発毛させるにはミノキシジルが必須であり、ミノキシジルは専門クリニックでのみ処方を行っています。

また、皮膚科病院などに比べて治療費が安い点も挙げられます。皮膚科では薬代以外に診察料や処方箋料がかかることがあり、月10,000円を超えることもあります。専門クリニックは基本的に診察料は無料で処方箋料もかかりません。治療費は薬代のみになるため、皮膚科よりお得に治療を受けられます。

さらに、専門クリニックは土日・祝祭日も診療しており、平日仕事の方でも通いやすくなっています。最近では遠隔診療を行っているクリニックもあるため、専門クリニックが遠くても自宅で診療を受けることできて便利です。

期間、タイミング、量など薬の飲み方

薬の飲み方

治療を始めたら、いつまで薬を飲めばいいのか?と疑問が生じると思います。また、治療薬は医薬品のため飲むタイミングや量なども注意しながら服用しなければなりません。

ここでは、治療薬を服用する期間や服用のタイミング、量などについて説明します。

服用は原則1日1回

AGA治療薬は1日1回が原則です。(プロペシアとミノキシジルを併用している場合は1錠ずつの計2錠)

早く薄毛を改善したくて多めに飲んだり、前日飲み忘れたから2日分飲むなどする方がいますが、このような飲み方をしても効果はあまり変わらず副作用のリスクが高くなるだけです。

また、お酒と飲むと肝臓に負担をかけ副作用のリスクが高くなります。ミノキシジルと一緒に飲んだ場合は心血管系に異常が出ることがあり危険です。お酒を飲む予定がある場合は4~5時間前か、後に服用するようにしましょう。

ミノキシジルの濃度と量

治療薬は1日1錠が原則です。しかし例外があり、ミノキシジルタブレットは1日の上限10mgを超えなければ、5mgを1日2回に分けて服用することも可能です。分けて服用することで効果を持続させることができます。

ただし、5mgを1日2錠服用するためコストが2倍かかるデメリットがあります。(5mg2ヶ月分を1ヶ月で服用することになる)

10mgをピルカッターで半分に割って飲むこともできますが、正しい用法ではないため可能かどうか医師に相談しましょう。

飲むタイミング

AGA治療薬は飲むタイミングは決められていないためいつ飲んでも大丈夫です。ただし、飲むタイミングを決めないと飲み忘れる可能性があるため、毎日の朝食後、就寝前など決めて飲むと良いでしょう。

薬はいつまで飲めばいい?

結論から言うと、髪が生えても治療薬を飲み続ける必要があります。

薬の服用をやめるとAGAの進行速度や髪の成長力が治療薬服用以前の状態に戻ります。髪の状態を維持するためには治療薬の効果を受け続けなければなりません。

ただし、1度髪が生え揃えば発毛薬であるミノキシジルの服用は不要となり、プロペシアなどのAGAの進行を遅延する薬だけで状態を維持できるため、コストを削減することができます。

治療薬が効かなくなったら

薬を反復投与すると、耐性ができて薬が効かなくなることがあります。薬を再び効くようにするには、数ヶ月~半年程度の休薬期間を設けて代謝をリセットさせる必要があります。

ただし、治療を再開した時に初期脱毛などの副作用が再び起きることがあります。個人の判断で休薬する前に医師に相談しましょう。

服用時の注意

注意

AGA治療薬を服用するときに風邪薬なども一緒に飲むと副作用が起きることがあります。また、検査結果の数値に異常が出たり、献血でプロペシアの成分を含んだ血液が妊婦に輸血されると大きな問題になることもあります。

ここでは、AGA治療薬の服用時の注意について説明します。

併用禁忌

医薬品には併用禁忌と言われるものがあります。併用禁忌は、同時に体内に取り込むと副作用を起こし健康に影響を与える可能性があるものを指します。以下に、AGA治療薬毎に併用禁忌を紹介していきます。

プロペシア・フィナステリド

特にありません。

ザガーロ

併用禁忌はありませんが併用注意があり、「CYP3A4阻害作用を有する薬剤」が該当します。併用すると、デュタステリドの血中濃度が上昇して、薬が過剰に反応したり、腎機能の低下を招く可能性があります。

主な薬はマクロライド系物質(クラリスロマイシンなど)とアゾール系抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾールなど)です。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットには血管拡張効果があります。そのため、血圧に影響を与える薬と併用することが禁じられています。これらを併用すると、血圧が異常に低下したり血圧のコントロールが効かなくなることがあります。

高血圧治療をしている方は降圧剤との併用は厳禁です。また、市販の風邪薬にも相性が悪いものがあるため、AGA治療薬以外に服用するものがあれば医師に相談しましょう。

ミノキシジル外用薬

特にありませんが、他の育毛剤と併用すると薬の吸収に影響を及ぼしたり副作用のリスクが増します。併用する場合は時間を空けて使う必要があります。

献血

プロペシアやザガーロなどのAGAの進行遅延をする薬を服用している場合は、献血は厳禁です。フィナステリドやデュタステリドは男子胎児や乳幼児の生殖器の発達に影響を与える恐れがあります。

もし、これらの成分を含んだ血液が妊婦や授乳中の女性に輸血されてしまうと、母胎や母乳を通して男児の体内に吸収される恐れがあります。

献血をしたいときは、薬の服用を中止してからプロペシアは1ヶ月、ザガーロは6ヶ月の期間を空ける必要があります。休薬期間を設けた際も、献血をする前に受付で治療薬を使用していたことを申告しましょう。

女性と子供の服用

AGA治療薬は女性と子供には全く効果がなくデメリットしかないため、服用または触れることは厳禁です。そのため、AGA治療薬を使用している人は女性や子供の手の届かないところに保管しておいてください。

ミノキシジルタブレットは女性でも利用できますが、体力的に男性より副作用が出やすい傾向にあります。女性がミノキシジルタブレットを使用する際は副作用をよく確認した上で、医師に処方してもらうようにしましょう。

検査や診断を受ける際は服用していることを伝える

検査や診断を受けるときは、事前にAGA治療薬を服用していることを医師に伝えましょう。治療薬は検査の数値に影響を及ぼすことがあります。検査結果によって医師が病気の有無などを判断するため、本当は健康であっても病気とされ余計な治療を受けることになるかもしれません。

また、そこで異常が認められ渡された治療薬がAGA治療薬と併用禁忌の場合もあります。事前に治療薬の使用を医師に伝えて、このような問題が起きないように気を付けましょう。

医師の指導のもと用法用量を守る

誤った取扱い方をしていると、自分の健康を害するだけでなく、女性や子供にも悪影響を及ぼすこともあります。飲み方や取り扱いがわからないという方は、医師の指導のもと用法用量を守って正しく服用しましょう。

個人輸入のリスク

ダメ絶対

個人輸入代行サービスを利用して海外から医薬品を購入する人がいますが、絶対にやめるべき行為です。

個人輸入代行業者を通じて送られてくる医薬品は4割が偽造品であり、過去にそれを飲んで死亡したケースもあります。

重篤な副作用が起きてもすべて自己責任になります。繰り返しなりますが、個人輸入の利用は絶対にやめましょう。

送付される医薬品の約4割が偽造品!死亡するケースもあり

個人輸入代行業者での医薬品購入について、厚生労働省は「安易に利用しないように」と注意喚起しています。

その最大の理由は、個人輸入代行業者から送られてくる医薬品の約4割が偽造品であり、その偽造医薬品を服用して死亡したケースも発生しているからです。

日本国内でED治療薬を製造・販売している製薬会社4社は、個人輸入代行業者のWebサイトから購入した医薬品を鑑定調査したところ、約4割が偽造品であったという驚愕の結果が発表されました。

日本およびタイの調査会社に依頼して発注、入手したED治療薬を鑑定した結果、国内外の合計で 約4割(40.0%、28/70)が偽造品であることが判明しました。国内発注分で約4割(35.6%、16/45)、タイでの発注分では約5割(48.0%、12/25)が偽造品でした。

出典:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

偽造品は品質管理も行われていない非常に不衛生な工場でいい加減に製造されています。その分コストはかかりませんので、個人輸入代行業者はぼろ儲けしています。一方、得体のしれない偽造医薬品を飲み、死亡しているケースもあるのです。

以下の画像は医薬品の偽造を行い摘発された中国にある工場の画像です。こんな不衛生な場所で安全管理をなされないまま製造されたものを飲み、体に異常が起きないわけがありません。

偽造工場偽造工場

画像出典元:http://www.no-fake-drug.com/contents.html

副作用が起きた時、医師や薬剤師など専門家でも対処が困難

個人輸入業者の医薬品によって、身体が危険に陥った場合、病院へ駆け込むことになります。ですが、原因となった医薬品の成分が不確かなので、医師や薬剤師は適切な対処ができません。

少なくとも対処の目途が立つまでには、多くの時間が必要になります。

個人輸入代行業者の9割以上が違法業者

個人輸入代行自体は違法ではありません。しかし、個人輸入代行業者の9割は医薬品医療機器法(旧薬事法)違反を行っている違法業者です。

個人輸入代行業者による無承認医薬品の広告は薬事法上違法行為とされています。ここでいう広告とは以下を指すようです。

(1)顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確であること
(2)特定医薬品等の商品名が明らかにされていること
(3)一般人が認知できる状態にあること

出典:厚生労働省

まとめ

AGA治療薬について説明してきましたが、ここで治療薬のおさらいをしましょう。

治療薬には以下の5つがあります。

AGAの進行遅延をする薬

  • プロペシア
  • フィナステリド
  • ザガーロ

発毛薬

  • ミノキシジルタブレット
  • ミノキシジル外用薬

AGA治療薬には「AGAの進行を遅延する薬」と「発毛薬」があり、一般的にこの2種を併用してAGA治療を行います。ただし、皮膚科では発毛薬の処方は行っていないため、発毛治療を受けるのであれば専門クリニックで治療を受ける必要があります。費用に関しても、専門クリニックの方が安く治療を受けられます。

また、治療薬を処方してもらったら副作用や用法用量などにも注意して服用することです。自分の健康を害するだけでなく、周りの人にも影響を及ぼす恐れがあります。

個人輸入代行に関しても、健康被害のリスクばかりでデメリットが多いため利用は絶対にやめましょう。

AGA治療薬には効果はもちろんのこと副作用のリスクなども考慮し、安心・安全な治療を続けていきましょう。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.