内服薬との併用はあり?ミノキシジル外用薬の効果と副作用

投稿日:2017年11月29日 更新日:

アイキャッチ

「内服薬を飲んでいるけどいまひとつ効果に満足できない」と考えている人におススメなのが、リアップ等でおなじみ「頭皮に塗る外用タイプのミノキシジル」です。内服タイプとの併用でより高い発毛効果が期待できます。

しかし、併用するとなると副作用が心配になる人も多いと思います。そこで、外用薬の効果と副作用について、内服薬と併用した場合も含めて詳しく説明します。

また、筆者が外用薬を長年使用する中で発見した、「外用薬の効果を最大限に引き出すための3つのポイント」も合わせて紹介します。

外用タイプの効果

外用薬の効果

ここではミノキシジル外用薬の効果について説明します。

内服タイプ同様、太く長い髪を発毛する

ミノキシジルの発毛効果は内服タイプも外用タイプも同じです。ミノキシジルで発毛する仕組みは以下の2つです。

  • 血管を拡張し、血流をよくすることによって、毛髪に栄養を送りやすくする
  • 小さくなった毛包を大きく深くして、軟毛化した毛髪を太い毛に成長させる

内服タイプとの併用でさらに高い発毛効果が期待できる

内服タイプだけでは効果が薄いという人は、リアップのような頭皮に塗るタイプの外用薬を併用するとより高い発毛効果を期待できます。体の内と外から発毛効果のあるものを取り込み、効果を増幅させるという方法です。

ちなみに筆者はリアップではなく、クリニックで処方してくれる外用薬を使いました。リアップのミノキシジル濃度は最も高い「リアッププラスX5」でも5%ですが、クリニックで処方してくれる外用薬は濃度が高いものが多く、リアップよりも高い効果が期待できます。

こんな人におススメ

M字ハゲ

ミノキシジル外用薬は以下に該当する人には特におススメです。該当する人は検討してみるとよいでしょう。

生え際・M字部分を増やしたい人

生え際やM字部分は人目に付きやすい目立つ部分です。外用薬と併用することでより高い発毛効果が発揮されてフサフサにすることが可能です。

生え際やM字部分は毛細血管の量が少なく、髪の成長に欠かせない栄養分が届きにくいため発毛しにくい部分です。内服薬による血管拡張作用で栄養分は届きやすくなるとはいえ、効果に満足できない場合には外用薬との併用がおススメです。

短期間で発毛したい人

内服薬だけでも発毛は可能ですが、十分発毛するまでには2年~5年程度かかると言われています。外用薬を併用することで発毛スピードを大幅に早めることができます。

内服薬の副作用に抵抗がある人

内服タイプは肝臓で代謝され、血管を通じて効果が全身に作用します。そのため副作用が存在します。その一方で外用薬は副作用が少なく、比較的安心して使用することができます。

外用薬の副作用発現率は8.82%(271/3,072例 )という調査結果があり、そのうちのほとんどは皮膚疾患です。(この調査は、医薬品医療機器総合機構がミノキシジル5%配合のリアップX5プラスを対象に行ったものです)

肌が弱い人にとってはあまり好ましくない数字かもしれませんが、それ以外の副作用を心配していた人にとっては朗報だと思います。なお、内服タイプの副作用には以下があります。

  • 初期脱毛
  • 多毛症
  • むくみ
  • 低血圧
  • 肝機能障害
  • 動悸
  • 立ちくらみ・めまい

▼おススメ記事▼

サムネイルミノキシジルの副作用7つと今すぐできる対処法
ミノキシジルは唯一発毛効果が確認されており、薄毛で悩む多くの人に愛用されています。しかし、サプリメント違って医薬品である以上...

外用タイプの副作用

副作用

外用タイプの副作用は皮膚に関するものが多いですが、まれに循環器系に影響を与える可能性があると言われています。ここでは、外用タイプで起きる可能性がある副作用を説明します。

頭皮の発疹・かゆみ・かぶれ

外用薬の副作用というのは頭皮に関係したものが全体を占めています。刺激が強かったり、アレルギーで肌に合わないことが主な原因です。ただし、これはミノキシジル自体の影響ではなく、外用薬に含まれるエタノールやブチレングリコールといった成分が原因だと言われています。

対処法

  • 頭皮に症状がみられた場合はすぐに使用をやめて、病院で診察してもらう

頭痛・めまい・動悸

血圧の低下や血流が早くなると起こる可能性があります。これはミノキシジルのもつ血管拡張効果が関係しています。使い始めは発症することがありますが、体が徐々に慣れていくと何も起きなくなることがあります。

対処法

  • 使用するミノキシジルの濃度を下げる
  • 外用薬のみの使用に切り替える
  • 使用をやめる
  • おさまらない場合は病院に行く

初期脱毛

ミノキシジルを使用すると初期の段階で起きる、一時的に抜け毛が増える副作用です。古く成長が止まった髪が、発毛効果で新たに生えてきた髪によって押し出されて抜け落ちてしまいます。しかし、これはミノキシジルの発毛効果がしっかり作用して新しい髪に生え変わろうとして起きることなので心配いりません。

初期脱毛の時期や期間に個人差はありますが、使用開始から2週間~1ヶ月ではじまり、発症からおよそ1ヶ月で治まることが一般的です。抜け毛が増えてミノキシジルを使う以前よりも薄くなってしまいますが、一時的なものなので新しい髪が生え揃うまで待つ必要があります。

対処法

  • 薄毛が目立たないような髪型にする
  • 帽子を被ってごまかす

手足のむくみ

ミノキシジルは血管拡張効果があるのでむくみやすくなります。血液循環がよくなると血中濃度が薄くなります。濃度を正常に戻すために血管の外に余分な水分を排出して、そこに水分が溜まるとむくみになります。

対処法

  • 入浴して血行を良くし、溜まった老廃物を排出する
  • むくみが気になる部分をマッサージする
  • 利尿剤、もしくは利尿効果のある飲み物を取る(お茶、紅茶、コーヒーなどカフェインを多く含むもの)

血圧の低下

ミノキシジルの血管拡張作用により血圧が低下します。血圧が低くなりすぎると、不整脈や倦怠感、頭痛・肩こりなどの体調不良を起こすことがあります。体質的に低血圧の人はさらに血圧が下がって体に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。使用する際には医師や薬剤師に相談するとよいでしょう。

血圧低下の症状はミノキシジルを服用している間続きます。もともと血圧が低い人は購入する際にそのことを薬剤師に伝えましょう。なお、クリニックでミノキシジルの処方を受ける時には血圧測定を行うことが一般的です。

対処法

  • ミノキシジルの濃度を下げる
  • 2日に1回するなどミノキシジルの使用頻度を下げる
  • 使用をやめる
  • 改善されない場合は医師に相談する

効果的な正しい使い方

薬剤師

医薬品は用法用量を厳守することはもちろんですが、正しい使い方をすることでしっかりとした効果を得ることができます。

ここでは、筆者がミノキシジル外用薬を長年使用する中で発見した、「効果を最大限に引き出すための3つのポイント」を紹介します。

1日2回使用する

外用薬は1回につき1mlを、朝と晩の1日2回、薄毛が気になる部分に塗布します。外用薬の効果は長時間継続しませんので、1日1回だけや2mlを一度に塗布するというやり方では効果が低くなってしまいます。むしろ副作用が起きる可能性が高くなるので定められた用法・用量を守って使いましょう。

また、塗布してマッサージをした際に液体が指に付着しますが、すぐに洗い流しましょう。

使用前にマッサージを行う

外用薬を塗布する前に育毛マッサージを行うと効果的です。マッサージして頭皮が柔らかくなり血行が良くなると、髪を育てる栄養素が毛根に届きやすくなります。また、皮脂が取り除かれると成分が浸透しやすくなり、炎症予防にもなります。

マッサージをする時の注意点ですが、小指を使わないことと長時間行わないことです。小指を使うと角度的に爪が立ってしまい、頭皮を傷つけることがあります。また、長時間行うことも頭皮を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

▼おススメ記事▼

アイキャッチ1回5分!正しい育毛マッサージの方法と効果を高める3つのポイント
効果的な薄毛対策として育毛マッサージがあります。 髪の毛の成長のために必要な栄養素を届けるために、頭皮の血流は大切です。育毛...

使用前に髪と頭皮の水分をとってから行う

外用薬を使用するタイミングはシャンプー直後が望ましいですが、シャンプー後に水分が残っていると有効成分が水分と混ざって効果が薄くなります。しっかり頭皮を乾かしてから使用しましょう。

乾かし方の手順

  1. まずはタオルでしっかり水分を吸収する
  2. 後頭部、側面、前頭部の順番で乾かす
  3. 仕上げは冷風でキューティクルを引き締める

▼おススメ記事▼

アイキャッチ薄毛の人が絶対に知っておくべきドライヤー使用時の5つのポイント
もしあなたがドライヤーの正しい使い方を知らないのであれば、すぐに使い方を見直さなければなりません。なぜなら、間違ったドライヤ...

使用するときの注意点

医薬品ですので使用上の注意を守らないと現在患っている症状が悪化したり、副作用が起きる可能性があります。以下に使用するときの注意点をまとめたので参考にしてください。

アレルギー症状のある人

外用薬にはミノキシジルのほかにエタノールなどの皮膚に刺激があるものが含まれています。過去に、これらの成分を使用してアレルギー症状を起こしたことがある人は使用を避けましょう。

女性は女性用を使用する

男性用の外用薬は女性用と比べて刺激が強いため、女性は女性用のものを使うようにしましょう。

未成年者(20歳未満)

日本国内では未成年者を対象に試験が行われたことがないので効果や安全性などについて確認が取れていません。そのため未成年者が使用をして問題が起きても自己責任になってしまいます。ただし、AGAクリニックでは親の同意があれば、未成年者でも治療を受けることが可能です。

AGA以外の脱毛症の人

ミノキシジル外用薬はAGA以外の脱毛症(円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等)、あるいは原因がわからない脱毛症の人が使用した場合の効果や副作用については確認がとれていません。予期せぬ副作用が起きることがあるので使用しないようにしましょう。ミノキシジル自体はAGA以外の薄毛に効果がありますがそれは内服薬の話ですので、外用薬はAGA以外に使用しないのが無難です。皮膚疾患で脱毛している場合は言うまでもなく、使用しない方がよいです。

脱毛が急激であったり、髪が斑状に抜けている人

AGA以外の原因で脱毛している可能性が高いため、使用しないようにしましょう。

きず、湿疹あるいは炎症(発赤)等が頭皮にある場合

悪化する可能性があるので使用しないようにしましょう。

他の育毛剤や外用剤(軟膏、液剤等)との併用

併用すると薬剤の吸収に影響が出たり、副作用が起きることがあります。

クリニックの処方と市販薬、どっちがおすすめ?

比較

ミノキシジル外用薬を入手する方法には以下の2つがあります。

  • AGA治療の専門クリニックで処方してもらう
  • 薬局で薬剤師の指導を受け購入する

薬局で購入できる外用薬は、現在のところ大正製薬の「リアップシリーズ」とアンファーの「メディカルミノキ5」があります。しかし、クリニックで処方している外用薬はオリジナルの物がほとんどで、市販しているものとは異なります。ここでは市販薬とクリニック処方薬の違いと費用について説明します。

クリニックで処方されるものは濃度が高く効果も高い

クリニックが処方するミノキシジル外用薬は市販のものより濃度が高く、強力な発毛効果をもっています。

日本の薬局で手に入る外用薬のミノキシジル濃度は最大5%ですが、クリニックで処方されるものは5~10%が多いです。クリニックによっては15%もある外用薬を取り扱っているところもあります。

価格は市販薬もクリニック処方も大差なし

クリニックで処方される外用薬は市販薬より高い発毛効果を期待できますが、価格にほとんど違いはありません。リアップX5の価格は税込7,600円程度ですが、クリニックで処方される外用薬は市販薬より安い場合もあります。

「外用薬を安く使いたい」「市販薬では満足できない」「もっと高い発毛効果を持った外用薬を使いたい」と思っている人は、クリニックで医師と相談の上、処方してもらうのがよいでしょう。

ミノキシジル外用薬は通販でも買える?

amazon

以前は販売が禁止されていましたが、2014年に薬機法が改正されて、通販サイトでの購入が可能になりました。ただし条件があり、通販サイト側から購入者に使用許可が下りないと購入ができません。

また、最近では個人輸入代行サービスで海外の医薬品を購入することもできますが、偽薬などのリスクもあります。ここでは、Amazonでの購入方法や、個人輸入で購入する際のリスクについて説明します。

Amazonなど通販で購入する方法

2017年4月からAmazonでリアップを購入することができるようになりました。ここでは一例としてAmazonで購入する際の手順を紹介します。

  1. ショッピングカートに入れたら、レジに進む
  2. 問診表に答える(オンラインショップ上)
    性別や年齢など、使用者の状態をチェックするために簡単な質問に答えていきます。回答によっては追加の質問がされる場合があります。
  3. 薬の説明と確認
    薬の説明が表示されます。内容をよく読んで確認をしたら、薬剤師への質問の有無を選択します。
  4. 注文をする(この時点ではまだ注文が確定していません)
  5. 薬剤師が適正かどうか確認
    問題が無ければ注文が確定します。問診表で適正か判断できない場合は、薬剤師と電話をして直接やり取りすることがあります。そこで適正と判断されれば注文が確定します。不適正と判断された場合は注文がキャンセルされます。
  6. 薬剤師の確認後、商品発送
    適正と判断されたら薬剤師から使用許可のメールと、Amazonから発送のメールが届きます。その後、商品が発送されます。

※通販サイトによってミノキシジル外用薬の注文の仕方が異なることがあります。

個人輸入代行サービスでの購入は避ける

個人輸入で購入した薬は偽物で効果がないことはおろか、健康被害のリスクがあります。正規のメーカー品の偽造品ででたらめな成分でつくられていたり、不衛生で品質管理もいい加減な工場でつくられている可能性もあります。

また、海外の製品は日本人の肌では耐えられない、刺激が強いもので作られている場合があります。使用方法や使用上の注意なども他言語で書かれているため、誤った使い方をして薄毛を悪化させる可能性があります。

さらには、偽造品を使用して副作用が起きた場合、どの成分が原因なのかわからず、病院で適切な処置を受けられない可能性があります。これらの問題が起きて病気になっても、すべて自己責任になってしまいます。

安易な個人輸入は健康と時間とお金をムダにしてしまうリスクがあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

薬剤師に相談のうえ薬局で購入するか、医師に処方してもらう

通販サイトで購入できるようにはなりましたが、薬剤師と医師から処方してもらうのがいいと思います。とくに医師はその道のプロです。その人の体質やライフスタイルに合った薄毛治療を提案してくれますし、なにか困ったことがあったら相談に乗ってくれます。

筆者も一時期、個人輸入代行サービスで購入した外用薬を使用したことがあります。しかし半年間使って全くなんの効果もありませんでした。また、体調に異変が起きるたびに「もしかして副作用かも・・・」と大きな不安を感じるようになり、使用をやめました。

その後、クリニックで処方してもらった外用薬に切り替え、しっかり発毛もし、定期的な検査で健康不安もありません。

手軽に発毛するなら「メディカルミノキ5」がおすすめ

メディカルミノキ5

「スカルプD」ブランドのアンファーが発売した発毛剤

発毛成分ミノキシジルを5%配合

内服薬よりも副作用が少なく通販でも購入可能

1日2回、頭皮に塗布するだけ

1ヶ月6,750円~とリアップX5プラスよりも安い

メディカルミノキ5公式サイトへのリンクバナー

メディカルミノキ5とリアップX5の違いについて、詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイル画像【スカルプD】メディカルミノキ5の効果と副作用
元SMAPの草彅君と香取君が「ミノキ兄弟」として出演するCMを見て、「メディカルミノキ5」を知った方は多いでしょう。 特に、「ミノキ...

まとめ

内服薬と外用薬を併用すると高い発毛効果が期待できる

併用すると生え際やM字部分の発毛に効果的

併用すると早く発毛させることができる

外用薬の副作用発現率は8.82%で、主に頭皮の発疹・かゆみ・かぶれである

まれに、頭痛・めまい・動悸、手足のむくみ、血圧の低下などの副作用が起こることがある

クリニックで処方される外用薬は市販のものより効果が高く、価格に差はない

外用薬は通販で買うことができる

個人輸入は偽造品、または日本人の肌には合わない可能性があるので利用しない

外用薬は薬局で購入するか、AGA治療を行っているクリニックで処方してもらう

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.