【偽造品が4割?】プロペシアの偽物と本物の見分け方

投稿日:2018年8月14日 更新日:

アイキャッチ画像

プロペシアを飲み続けているのに全然効果が感じられない、もしかしたら服用しているプロペシアが偽物ということはありませんか?

AGA治療の専門クリニックやAGA外来の病院で医師から処方されているプロペシアであれば偽物ということはありませんが、注意して欲しいのは個人輸入代行業者から購入しているケースです。

日本国内の製薬会社が調査をした結果、個人輸入代行業者のWebサイトから購入した医薬品の約4割が偽造品であったという調査結果も報告されています。

偽物の医薬品は本来の効能がないだけでなく、健康に害を及ぼす危険性もあります。

ここでは、本物のプロペシアと偽物の見分け方や偽物のリスク、本物のプロペシアを手に入れる方法について説明します。

偽物の偽造医薬品とは

偽造医薬品のイメージ画像

偽物の医薬品は、偽薬と呼ばれることもあります。本項は、偽物の薬に関する基本を解説しています。

流通している医薬品の10%は偽物

WHO(世界保健機構)による「偽造医薬品ファクトシート」によると、「発展途上国で流通している医薬品の10%は偽造医薬品である」との報告がありました。

日本は先進国だから大丈夫、と思うかもしれません。確かに、日本国内の流通経路では偽造医薬品は確認されていませんが、問題は「海外からの個人輸入」です。

参考:偽造医薬品ファクトシート

偽物はどうやって作られている?

流通している偽造医薬品がどのように製造されているのか説明します。

偽造しているのは製薬会社ではない

まず、偽物の薬を製造しているのは製薬会社ではありません。犯罪組織の工場で製造されていますが、製造現場が確認された例はほとんどありません。

不衛生かつ劣悪な環境で作られている

また、偽造医薬品は不衛生かつ劣悪な環境で作られています。以下の画像は偽造医薬品の製造現場として突き止められた例の1つです。汚い環境、汚い機械、医薬品を作る環境ではありません。

偽造工場
偽造工場

画像出典元:http://www.no-fake-drug.com/contents.html

偽造医薬品のリスク

WHO(世界保健機構)によると、アフリカ大陸では毎年約10万人が偽造医薬品によって命を落としているといいます。

日本国内でも個人輸入代行業者から購入した医薬品を服用していた人が死亡したケースもあり、関連が疑われています。

また、偽造医薬品によって健康被害が起きた場合、原因となった医薬品の成分が不確かなため、医師も適切な対処ができないという点も大きな問題です。

個人輸入代行業者の薬は偽物の可能性が否定できない

ネット詐欺のイメージ画像

偽造医薬品は発展途上国の問題と認識されがちですが、インターネットの普及により、海外の偽造医薬品が日本国内に流通するケースも増えています。

偽物が発見されているのは海外製

偽造医薬品が税関で差し止められるケースは年々増加しており、2005年が11件であったのに対し、2015年では1,030件と約100倍に増加しています。

その多くはED治療薬であり、プロペシアがどの程度含まれているかは不明ですが、海外の医薬品はいかに偽造の可能性が高いかがよくわかるデータです。

個人輸入代行業者の薬は4割が偽造品

日本国内でED治療薬を製造・販売している製薬会社4社は、個人輸入代行業者のWebサイトから購入した医薬品を鑑定調査したところ、約4割が偽造品であったという驚愕の結果が発表されました。

日本およびタイの調査会社に依頼して発注、入手したED治療薬を鑑定した結果、国内外の合計で 約4割(40.0%、28/70)が偽造品であることが判明しました。国内発注分で約4割(35.6%、16/45)、タイでの発注分では約5割(48.0%、12/25)が偽造品でした。

出典:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

2014年以降で違法業者が運営する約2,500件のサイトを閉鎖

医薬品の個人輸入代行を行っている業者の多くは違法業者です。厚生労働省では個人輸入代行業者の指導・取締りを強化しており、違法行為を行っていた業者のWebサイトを2014年以降の3年間で約2,500サイト閉鎖しました。

プロペシアは必ず医師に処方してもらう

プロペシアに限った話ではありませんが、医師処方薬は必ず医師に処方してもらいましょう。海外の医薬品を個人輸入して服用することは、安いので魅力的に思うかもしれません。しかし、健康はお金で買えません。もし健康を害してしまえば大きな代償を支払うことになります。

偽物と本物の見分け方

虫眼鏡を持った男性の画像

ここでは、プロペシアの偽物と本物の見分け方について説明します。

見た目で見分けることは困難

残念ながら、本物と偽物を見た目で見分けることは困難です。偽造医薬品を作る側も進化していますので、見た目だけでは本物と見分けがつかない医薬品が流通している可能性があると考えた方が良いでしょう。

なお、以下の画像はMSD株式会社から販売されている正規品のプロペシアです。

プロペシア正規品の画像

出典:MSD株式会社

そして、以下の画像が海外で発見された偽物のプロペシアの画像です。

プロペシア偽造品の画像

出典:MSD株式会社

成分分析を行っている機関に依頼する

本物か偽物かを確実に確認する方法として、薬の成分分析を専門機関に依頼する方法があります。しかし、調査には高額な費用が必要です。調査費用を考えれば国内正規品を購入した方が安く済みます。

以下、薬の成分分析を行っている期間のリンク集をリンクしておきます。

http://www.kokusen.go.jp/test_list/u_bunrui/syo_02.html

本物を手に入れる方法

薬を処方する薬剤師の画像

偽造医薬品のリスクを説明してきましたが、最後に本物のプロペシアを入手する方法を説明します。

医師に処方してもらう

プロペシアは医師処方薬です。ドラッグストアや通販では販売が禁止されています。日本国内のAGA治療専門クリニック、またはAGA外来に対応している病院で処方してもらいましょう。

専門クリニックのオリジナル治療薬なら個人輸入よりも安い

国内で承認されたプロペシアは1ヶ月分(28錠)で7,000円が相場です。もっと安く治療したい場合、AGA治療の専門クリニックで処方しているオリジナル治療薬がおススメです。

国内で承認された薬ではありませんが、医師が責任をもって処方してくれます。安いクリニックであれば、プロペシアと同成分・同効能の薬を1ヶ月分3,000円程度で処方しているクリニックもあります。

まとめ

以上、プロペシアの偽物について説明しました。

個人輸入代行業者から購入する薬は偽物の可能性があります。もし手にしたプロペシアが偽物であった場合、AGAに対する効果がないことはもちろん、どんな健康被害が発生するかわかりません。

個人輸入の安さは確かに魅力的ではありますが、リスクがあることを考えれば利用しないほうが賢明です。

プロペシアは医師に処方してもらい、正しく服用しましょう。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.