プロペシアの処方はどこが良い?価格や処方量について

投稿日:2018年8月7日 更新日:

アイキャッチ画像

プロペシアはAGA治療を受けるうえで欠かすことのできない薬です。しかし、処方は保険適用外となるため、1ヶ月7,000円程度のコストがかかります。

そして、プロペシアの価格はクリニックや病院によってバラバラです。どこで処方を受けても効果は同じですから、出来るだけ安いところで処方してもらいたいところです。

また、プロペシアの処方を受ける際に必要な費用は薬代だけでなく、「診察料」や「処方箋料」も含まれます。これらすべてを含めた金額で安いところを選ぶ必要があります。

この記事では、プロペシアはどこで処方してもらえるのか、そしてどこで処方してもらうことが最も安いのかについて詳しく解説します。

プロペシアとは

プロペシア

まず、プロペシアとはどんな薬なのかを簡単に説明します。

プロペシアは1992年4月の海外で販売が開始され、日本国内では2005年12月よりMSD株式会社(旧万有製薬)から発売されたAGA治療薬です。主成分はフィナステリドです。

プロペシアの効果

AGAの進行を遅延させる効果があります。AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌にあります。

DHTは男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと結合することで発生します。DHTはヘアサイクルを乱し、本来2年~6年かけて成長する髪の毛は、数ヶ月~1年で脱毛するようになります。

その結果、生えている髪は十分成長していない細く短い髪が多くなり、頭皮の透け感やボリューム不足が生じます。

プロペシアは、テストステロンと5α-リダクターゼの結合を阻害し、DHTの発生を抑制することでヘアサイクルを正常な状態に戻す効果があります。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は臨床試験で確認されています。代表的な副作用としては以下の2つが挙げられます。

リビドー低下(性欲減退)

プロペシアの副作用の中で1番懸念されているのが「リビドー低下(性欲減退)」ですが、臨床試験の結果によれば発症率は1.1%です。

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)は男性器が機能しなくなる副作用ですが、臨床試験の結果においてEDの発症率は0.7%です。

プロペシアの副作用について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

サムネイルプロペシア(フィナステリド)の副作用を臨床試験データを元に詳しく解説
AGA(男性型脱毛症)の治療薬でもっとも有名なものと言えばプロペシア(主成分フィナステリド)です。AGA治療には必須の薬ですが、「...

どこで処方してもらえるか

薬剤師のイメージ画像

プロペシアは処方箋医薬品です。そのため、ドラッグストアや通販で購入することはできません。

プロペシアは処方箋医薬品

医薬品は大きく分けると2種類あります。安全に利用できるものと、扱いを慎重にしなければならないものです。

効力が弱めに設定されているものは、身体に大きな作用を与えないので前者です。後者は身体への作用が大きいため、副作用のリスクが大きい傾向があります。そのため、免許を持っている医師の許可、つまり処方箋を必要とするのです。

医師の処方箋を必要とする治療薬の総称が、処方箋医薬品です。

専門クリニック、またはAGA外来対応の病院で処方している

プロペシアを処方しているところは、大きく分けて以下の2つがあります。

  • AGA治療・発毛を専門に行うクリニック
  • AGA外来を行っている皮膚科等の病院

専門クリニックはジェネリックを安く処方している

AGA外来の病院で処方している薬は国内承認薬のみであることが一般的です。MSD社のプロペシアや、ファイザー社、クラシエ社などから発売されているフィナステリド剤などです。

一方で専門クリニックでは国内承認薬の他、クリニックオリジナルの治療薬を安く処方しています。主成分(フィナステリド)や濃度はプロペシアと変わりませんので効能も同じです。

また、専門クリニックでは発毛薬のミノキシジルも処方しています。プロペシアはあくまでもAGAの進行遅延(現状維持)の薬です。今よりも増やしたい、発毛したいのであればミノキシジルを併用することがすすめられています。

安くAGAを治療したい、今よりも増やしたいのであれば、AGA外来ではなく専門クリニックでの治療をおすすめします。

専門クリニックとAGA外来の違いについて詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

サムネイル薄毛(AGA)を治療するなら皮膚科と専門クリニックどっちがいい?メリデメ徹底検証
「薄毛は病院で治せる」ということが広く知られるようになりました。皮膚科病院をはじめ多くの病院で「AGA外来」を行っており、プロペ...

病院の場合は何科で処方している?

AGA外来を行っているのは皮膚科が多いですが、内科病院などでも対応していることがあります。事前にホームページ等でAGA外来に対応しているかを調べてから通院すると良いでしょう。

価格について

医療費のイメージ画像

プロペシアの価格について説明します。注意してほしいのは、薬代以外にも診察料や処方箋料が必要になるケースがあるということです。

相場は1ヵ月分7000円程度

プロペシアの相場価格は、1ヶ月分(28錠)で7,000円程度が相場です。前述したとおり、AGA治療は保険適用外です。よって、プロペシアの価格は病院側で自由に決めることが出来ます。

専門クリニックなら1ヶ月3,000円と半分以下

専門クリニックでは、プロペシアと同じ効能のオリジナル薬を1ヶ月分3,000円で処方しているクリニックもあります。

AGA治療は効果が出るまで半年~1年程度の期間が必要です。さらに、薬の服用を止めれば効果もなくなります。そのため必然的に長期間服用することになります。長い目で見ると数千円の差でも大きな金額になりますので、最初からできるだけ安いクリニックで処方を受けると良いでしょう。

診察料は別途必要

AGA外来では薬代以外に通院毎の診察費用が必要です。診察費用の目安は以下のとおりです。

  • 初診・・・3,000円
  • 再診・・・1,000円

ちなみに専門クリニックでは診察料が薬代に含まれていることがほとんどですので、薬代だけで治療を受けることができます。

院外処方の病院は別途処方箋料が必要

AGA外来の病院の中には院外処方と言って、処方箋薬局で薬を購入するところもあります。この場合、薬代と診察料の他に「処方箋料」が必要になります。

処方箋料は病院によって異なりますが、680円~1,390円が目安となります。

処方量について

処方箋医薬品のイメージ画像

プロペシアは医師の処方が必要なため、定期的に通院して薬を処方してもらう必要があります。薬を飲まない期間は極力ない方が良いので、面倒でも定期的に通院しましょう。

しかし、毎月通うのは面倒という人もいるかもしれません。ここでは、一度に処方してもらえる量について説明します。

基本は月に一度通院し1ヵ月分(28錠)

一度の通院で処方される量は基本的に1ヶ月分(28錠)です。無くなる前に通院して次の1ヶ月分を処方してもらいます。

病院によっては薬の在庫を十分確保していないところもありますので、事前に電話等で行く日にちを伝え、在庫を用意してもらうと良いでしょう。

ちなみに、専門クリニックであれば在庫は豊富に用意していますし、通院の度に次回の予約を入れるシステムなので、欠品にしているということはないでしょう。

クリニックによっては3ヵ月~6ヵ月分の処方にも対応

1回の通院での処方料は基本的に1ヶ月分ですが、クリニックによっては3ヶ月~6ヶ月分の処方に対応していることもあります。ただし、薬代もその分一括で支払う必要があります。3ヶ月分で2万円以上、6ヶ月分で4万円以上となります。

AGA外来の病院はクレジットカードに対応していないところが多いので、現金の準備を忘れないようにしましょう。

使用期限に注意

数ヶ月分をまとめて処方してもらう際に注意したいのが「使用期限」です。プロペシアの使用期限は未開封の状態で製造から35ヵ月です。使用期限が過ぎた薬は処分するのが鉄則です。

使用期限に関しては、箱の横側のフタに記載されています。EXPと書かれている部分です。例えば、「EXP.12/2018」と書かれていたら、それは「2018年12月」が使用期限を意味します。

通院が面倒なら遠隔診療のクリニックが便利

薬を処方してもらうための定期的な通院が面倒という人におススメなのが、遠隔診療対応のクリニックです。

スマホアプリのテレビ電話機能を使って診察を受け、薬は郵送で送られてきます。通院の手間が省け、交通費も不要です(薬の郵送費用は必要です)。

中でもおススメなのが、サッカー日本代表の長友選手がイメージキャラクターを務める「AGAヘアクリニック」です。

オリジナルのアプリはとても使いやすく、プロペシアと同成分・同効能のオリジナル治療薬は1ヶ月分5,500円(税込)と、相場よりも安いです。

AGAヘアクリニックの遠隔診療について詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイル通院不要!カンタン!AGAヘアクリニック(ヘアクリ)のテレビ電話診察体験レポート
AGA治療で面倒なのが「月に1回の通院」です。フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬は原則1ヶ月分しか処方されないため、月...

まとめ

以上、プロペシアの処方について、どこで処方してもらえるのか、費用、一度の処方量といったことについて説明しました。

安く、便利に処方を受けるのであれば、AGA治療の専門クリニックがおススメです。専門クリニックで処方を受けるメリットをまとめると以下のとおりです。

  • プロペシアと同成分・同効能のオリジナル治療薬は価格が安い
  • 診察料や処方箋料が不要なので、薬代だけで治療が受けられる
  • 発毛薬のミノキシジルの処方にも対応している

お住まいの地域によっては近くに専門クリニックがないという人もいるかもしれませんが、そんな時は「遠隔診療対応クリニック」がおススメです。

診察はテレビ電話で行うので通院の必要がなく、薬は郵送されます。ミノキシジルの処方も行っていますので、発毛したいという人にもおススメです。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

毛髪診断士。「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.