プロペシアの価格~最も安く手に入れる方法~

投稿日:2018年8月10日 更新日:

アイキャッチ画像

AGA治療に欠かせないプロペシアですが、価格は病院やクリニックによって違います。その理由は、AGA治療は保険が適用されない自由診療だからです。薬の価格は病院やクリニックで自由に決めることができます。

そして、プロペシアは服用を止めると効果がなくなる薬のため、必然的に長期間の服用が必要となります。そのため、1円でも安いところで処方したいところです。

また、プロペシアの費用を節約する方法として、同じ成分・効能の後発薬(ジェネリック)を服用する方法、クリニックオリジナルの治療薬を服用する方法があります。

ここでは、プロペシアの価格について、最も安く手に入れる方法を説明します。

プロペシアとは

プロペシア

まず、プロペシアとはどんな薬なのかを簡単に説明します。

プロペシアは1992年4月の海外で販売が開始され、日本国内では2005年12月よりMSD株式会社(旧万有製薬)から発売されたAGA治療薬です。主成分はフィナステリドです。

プロペシアの効果

AGAの進行を遅延させる効果があります。AGAの原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌にあります。

DHTは男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼと結合することで発生します。DHTはヘアサイクルを乱し、本来2年~6年かけて成長する髪の毛は、数ヶ月~1年で脱毛するようになります。

その結果、生えている髪は十分成長していない細く短い髪が多くなり、頭皮の透け感やボリューム不足が生じます。

プロペシアは、テストステロンと5α-リダクターゼの結合を阻害し、DHTの発生を抑制することでヘアサイクルを正常な状態に戻す効果があります。

フィナステリド(プロペシア)の作用説明

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は臨床試験で確認されています。代表的な副作用としては以下の2つが挙げられます。

リビドー低下(性欲減退)

プロペシアの副作用の中で1番懸念されているのが「リビドー低下(性欲減退)」ですが、臨床試験の結果によれば発症率は1.1%です。

ED(勃起不全)

ED(勃起不全)は男性器が機能しなくなる副作用ですが、臨床試験の結果においてEDの発症率は0.7%です。

プロペシアの副作用について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

サムネイルプロペシア(フィナステリド)の副作用を臨床試験データを元に詳しく解説
AGA(男性型脱毛症)の治療薬でもっとも有名なものと言えばプロペシア(主成分フィナステリド)です。AGA治療には必須の薬ですが、「...

どこで処方してもらうのが一番安いか

1万円札を持つ医者の画像

プロペシアは処方箋医薬品なので、ドラッグストア等購入することができません。免許を持つ医師の処方箋が必要となります。

ここでは、どこで処方してもらえば最も安くプロペシアを入手できるのかについて説明します。

処方は専門クリニック、またはAGA外来の病院で行っている

プロペシアの処方を行っているのは以下の2つです。

  • AGA治療の専門クリニック
  • AGA外来に対応している病院

専門クリニックとは、AGAの治療や発毛を専門に行っているクリニックです。一方でAGA外来とは、メインは皮膚科や内科の病院でプロペシアの処方を行っている病院を指します。禁煙外来と同じイメージです。

AGA外来では診察料や処方箋料が必要

専門クリニックとAGA外来、どちらで処方を受けた方が安いかですが、「専門クリニック」の方が結果的に安くなります。

プロペシアの価格自体は1ヶ月分(28錠)で7,000円前後が相場であり、その金額は専門クリニックもAGA外来もほとんど同じです。

違うのは、AGA外来では「診察料」や「処方箋料」が必要という点です。

以下、「診察料」と「処方箋料」の相場価格です。

  • 診察料(初診)・・・3,000円
  • 診察料(再診)・・・1,000円
  • 処方箋料・・・680円~1,390円

通院の度にこれらの金額が薬代に加算されれば、長い目で見れば馬鹿にならない金額になります。

では専門クリニックはどうかというと、ほとんどのクリニックが診察料は無料、処方箋料も院内処方なので無料です。

専門クリニックのオリジナル治療薬が安い

プロペシアは専門クリニックの方が安く処方してもらえると説明しましたが、さらにもっと治療費を抑える方法があります。それは、専門クリニックのオリジナル治療薬です。

プロペシアの価格は1ヶ月分(28錠)で7,000円が相場ですが、クリニックのオリジナル治療薬は安いところなら1ヶ月分3,000円と半額以下です。成分、効能はプロペシアと同じですので、AGA治療薬としての効果は十分に期待できます。

違う点としては、プロペシアが国内承認薬であるのに対し、オリジナル治療薬は未承認の薬であるという点です。しかし、クリニックの医師が責任をもって処方してくれます。

ジェネリックとの価格の違い

比較のイメージ

前項で専門クリニックのオリジナル治療薬が安いと書きましたが、ここではプロペシアのジェネリック医薬品について説明します。

専門クリニックのオリジナル治療薬ほどではありませんが、ジェネリック医薬品も先発薬のプロペシアよりは安いです。

ジェネリックとは

日本語で言うと、ジェネリックは後発医薬品のことです。ちなみに、最初に開発された医薬品は先発医薬品と呼ばれています。医薬品の特許は短めに設定されており、先発医薬品の特許が切れた後、他社が同成分・同効果である後発医薬品を開発するのです。

同成分・同効能ですので先発薬と同じ効果が期待出来ます。

フィナステリド剤として複数の製薬会社から発売

プロペシアの5α-リダクターゼの阻害効果の秘密は、フィナステリドという成分です。現在では多くの製薬会社がフィナステリドを配合したAGA治療薬を開発しています。それらの製品が、前述したAGA治療薬のジェネリックです。

一例としては以下のようなフィナステリド剤があります。

  • ファイザー(ファイザー製薬)
  • サワイ(沢井製薬)
  • クラシエ(クラシエ薬品)
  • トーワ(東和薬品)
  • SN(あすか製薬)

プロペシアよりも1ヵ月分1000円程度安い

ジェネリックは先発医薬品の開発に使われた技術を再び採用しています。そのため開発コストが非常に抑えられているので、安価で販売することが可能です。

価格の相場は1ヶ月分(28錠)で6,000円程度と、プロペシアよりも1,000円程安く処方されています。

濃度による価格の違い

プロペシアには有効成分のフィナステリドの含有量によって、「0.2mgタイプ」と「1mgタイプ」があります。

0.2mgタイプの方が若干安いですが、大きな差はありません。また、流通しているのは「1mgタイプ」がほとんどであり、「0.2mg」を見ることはほとんどありません。

特別な事情がない限りは「1mgタイプ」を服用して問題ないでしょう。

海外プロペシアの個人輸入について

手で×マークを作る女性看護師の画像

プロペシアは処方箋医薬品であることから、ドラッグストア等では購入が出来ず、必ず医師の処方箋が必要となります。

しかし例外として、日本国外でプロペシアを購入し、個人輸入するという方法があります。

医薬品の個人輸入とは

海外で購入した薬の中には、国内へ持ち込めるものもあります。プロペシアも個人輸入が可能な薬の一つです。

ただし、薬の個人輸入をするには、厚生労働省の地方支分部局、通称、地方厚生局の許可が必要です。許可を貰うには、地方厚生局に必要書類を提出し、個人利用であることを説明しなければなりません。

あくまで、個人輸入で購入した薬は自分で使うことが基本原則となります。

個人輸入代行業者の利用はおすすめしない

一度に個人輸入できる薬の量は2ヶ月分までと決まりがあります。しかし、2ヶ月おきに海外に渡航して薬を購入することは現実的ではありません。

そこで最近増えているのが個人輸入を代行する「個人輸入代行業者」です。個人輸入代行業者はWebサイトをつくり、一見は薬の通販サイトのような雰囲気です。

しかし、日本国内でED治療薬を製造・販売している製薬会社4社が、個人輸入代行業者のWebサイトから購入した医薬品を鑑定調査したところ、約4割が偽造品であったという驚愕の結果が発表されました。

日本およびタイの調査会社に依頼して発注、入手したED治療薬を鑑定した結果、国内外の合計で 約4割(40.0%、28/70)が偽造品であることが判明しました。国内発注分で約4割(35.6%、16/45)、タイでの発注分では約5割(48.0%、12/25)が偽造品でした。

出典:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

偽物であれば効果はありませんし、それどころか死亡したケースもあるのです。

厚生労働省も安易に個人輸入代行業者を利用しないよう注意喚起をしています。

医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がいらっしゃいます。
しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。

出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html

薬の個人輸入のリスクについて詳しくは以下のリンクをご覧ください。

サムネイル9割が違法!4割が偽造品!通販でプロペシアを買ってはいけない5つの理由
プロペシアをはじめ、バイアグラなど海外の医薬品が安価で販売されている個人輸入代行業者の通販サイトを見て、購入を検討している人...

まとめ

以上、プロペシアの価格について、安く処方を受けるポイントを説明しました。

プロペシアは長期間服用をする薬です。月1,000円の違いでも長い目で見れば大きな金額になります。

安くAGAを治療したい人におススメなのが、AGA治療の専門クリニックです。専門クリニックではオリジナルの治療薬を処方しており、プロペシアと同成分・同じ効能の薬もあります。それでいて価格はプロペシアの半額以下のクリニックもあります。

ただし、専門クリニックで処方しているオリジナルの治療薬は国内未承認の薬であり、海外の製薬会社で作られていることが一般的です。しかし、医師が責任をもって処方しているので、特に抵抗がない人であれば価格の安いオリジナル治療薬はおすすめです。

また、専門クリニックは診察料や処方箋料が無料という点も大きなメリットです。AGA外来の病院の多くは診察料(初診3,000円程度、再診1,000円程度)、処方箋料が通院の都度必要になり、馬鹿になりません。

AGAの治療費はほとんどが薬代です。治療を受けるクリニックを探す際には価格の比較も行うようにしましょう。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

毛髪診断士。「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.