印象がガラっと変わる!ハゲ隠し7つ方法

投稿日:

アイキャッチ

鏡に映った薄毛の自分を見てため息をついてしまうあなた。ちょっとした工夫で印象がガラっと変わるハゲの隠し方をご存知ですか?

  • 恋人とのデートの日
  • 記念に残る写真撮影がある
  • 大切な商談があって良い印象を与えたい

などなど、ピンポイントでも使えるハゲ隠しテクニックは結構あるのです。

お金も手間もかけずに簡単に隠す方法から、お金をかけて完璧に隠す方法まで、おすすめの7つの方法を紹介します。

髪型を変えて隠す

できれば自毛だけでなんとかしたいという人は、髪型を変えて薄毛を目立たなくさせる方法がおススメです。

自分で簡単にできるため、手間や費用をあまりかけずに薄毛を隠すことができます。まずは、薄毛隠しに効果的な髪型を紹介します。

オールバック

オールバック出典:ホットペッパービューティー

髪を全体的に後ろに流すことで、自然に頭頂部の薄毛を隠すことができます。まとまりがありスマートさや清潔感を感じさせる髪型ですので、礼儀作法が求められるビジネスシーンからプライベートまで幅広く対応できます。

ヘアセットも後ろに髪を流すだけなので薄毛を隠す手間もかかりません。

ただし、前頭部や生え際の薄毛が進行している人にはおすすめしません。あくまでも頭頂部の透け感が気になる人向けの方法です。

坊主

坊主出典:ホットペッパービューティー

髪で隠すのではなく、あえて坊主にする方法もおススメです。

坊主にすることで髪がある部分と薄毛部分の濃淡の差がわかりにくくなり、薄毛を目立たなくさせることができます。また、薄毛を気にして髪型を直すといったストレスからも解放されます。

ただし、髪が少しでも伸びると濃淡が目立つため、薄毛を隠すためにはこまめな手入れが必要になります。薄毛が目立たないベストな長さはおよそ3~6mmです。

薄毛の人が坊主にするメリットデメリットについて、詳しくは以下の記事も合わせてご覧ください。

サムネイル坊主にするか悩んでいるハゲの方必見!メリットデメリットと手入れ方法
ハゲてしまってヘアスタイルが決まらない。むしろハゲが目立ってしまうことから、いっそのこと坊主頭にしてしまおうかと考える薄毛男...

増毛パウダー

ふりかけ

増毛パウダーは、薄毛が気になる部分に粉をふりかけてハゲを隠す方法です。容器の形や使い方から「ふりかけ」なんて呼ばれることもあります。手軽で自然に薄毛を隠せることで注目を浴び、一気に利用者が増えた人気の手法です。

パウダーが髪に付着することで、1本1本の髪が太く見えるようになり、髪全体にボリュームを出すことができます。また、頭皮にも付着することで地肌を目立たなくします。

パウダーの成分は頭皮に優しい食物繊維でできており、また、0.3~0.5mmという非常に細かい繊維でできているため、毛穴詰まりを起こす心配もありません。

パウダーの色はブラックやブラウンなどがあり、自毛の色によって使い分けることができます。

増毛パウダーの費用

値段はおよそ5,000円程が目安になります。通販やドラッグストアでの購入が可能です。

メリット

増毛パウダーのメリットを紹介します。

急な用事でもすぐにハゲを隠せる

急に人と会うことになった時もパパっと振りかけるだけで手軽にハゲを隠せます。薄毛が気になる人は手元に1本用意しておくと良いでしょう。

水に強い

パウダーは水分を弾く性質を持っているため、汗や雨に濡れて垂れるといった心配がありません。逆に、洗剤などに含まれる界面活性剤に弱い性質があるため、シャンプーを使えば綺麗に落とすことができます。ただし、洗浄が足りないと粉が残ることもあるためしっかりと洗うことが大切です。

少しのハゲ隠しでも使える

本格的に薄毛が進行していない方なら、増毛パウダーだけでカバーすることができます。カツラや増毛は少し大掛かりで費用が高いと思っている方におススメです。

デメリット

増毛パウダーのデメリットを紹介します。

調整が難しい

パウダーの量が多ければ異様に頭髪が黒くなったり、少なければ薄毛を隠せずといったように、使い慣れるまでに少し時間がかかることがあります。また、服に粉がかからないように力加減の調整が必要になります。

白髪が多い人は黒染めを使う必要がある

パウダーはブラックやブラウンなど色が濃いため、全体的に白髪が多い人は黒染めをする必要があります。パウダーで黒くすることも可能ですが、粉を大量に消費するためすぐに買い足しが必要だったり、耳やもみあげ辺りなど関係ない肌の部分まで黒くなることがあります。こういった問題を防ぐには、費用や自然感を大事にするなら白髪染めが無難です。

水に弱いものもある

低価格なものだと撥水性が弱く汗や水に溶けて流れることがあります。汗が黒くなったり、服に垂れてシミになることもあります。また、黒い汗をかいていたら周りから指摘される可能性もあるため注意しましょう。

カツラ・ウィッグ

カツラ

ハゲ隠しの代表、カツラ・ウィッグです。カツラとウィッグで呼び方は異なりますが、日本語か英語かの違いでどちらも同じ意味です。

カツラは頭全体を覆うように被るタイプが主流でしたが、現在では部分カツラといって、薄毛が気になる部分に合わせて装着するタイプが多くなっています。自然に髪が生えている部分はそのままにして、薄毛部分をカツラで覆うことによってより自然感を出せるからです。

主な装着タイプ

カツラの装着方法は主に以下の4つがあります。

  • 自毛への編み込み式
  • 両面テープ
  • 接着剤
  • 金具での固定

現在主流なのが「自毛への編み込み式」です。外れたりズレる心配もなく、一度編み込んでしまえば月に1回程度のメンテナンスを受けるだけで、24時間自毛と同じ感覚で生活することができます。

一方で金具での固定タイプは外れたりズレるリスクもあり、また飛行機に乗る際に金属探知機でひっかかることもあります。

カツラ・ウィッグの費用

カツラの値段はピンキリですが、ベーシックなもので1つ20万円前後します。高級なものでは50万円以上することがあります。また、万が一のトラブルに備えて予備のカツラと2つ作っておくことが一般的であり、初期費用として2個分の購入費用が必要になります。

さらに、購入費用以外に定期的なメンテナンス費用も必要です。メンテナンスは大体月に1度で、費用は5,000~10,000円ほどになります。

最近ではカツラを購入せずリースをする完全定額制のプランが人気です。カツラを購入費用する必要がなく、万が一のトラブルにもすぐ代替品が用意されており、定額制なので金額が計算できるメリットもあります。

カツラのメリット・デメリット

カツラのメリットデメリットを以下にまとめます。

メリット

  • すぐにハゲを隠すことができる
  • 確実にハゲを隠すことができる
  • 見た目が自然

デメリット

  • 安い買い物ではなくメンテンナンス費用がかかる
  • 一般的な床屋や美容院では散髪が難しい
  • ズレたり外れたりするリスクがある
  • 定期的にメンテナンスを受ける必要がある

カツラならスヴェンソンがおすすめ

カツラは様々なメーカーがサービスを提供していますが、現在もっとも人気なのが、やくみつるさんのCMでおなじみのスヴェンソンです。

スヴェンソンが選ばれる大きな理由は以下の3つです。

  • 特許技術の編み込み式でズレない、外れない
  • 定額制のリースタイプなので初期費用が安く、月々の費用も計算できる
  • つけたまま24時間自毛と同じ感覚で生活できる

以下は筆者によるスヴェンソン増毛体験のレポートです。

サムネイルスヴェンソンの悪い評判・デメリット【無料増毛体験を受けてわかったこと】
漫画家でタレントの「やくみつる」さんも愛用しており、テレビCMもやっている「スヴェンソン(SVENSON)」ですが、確実に薄毛の見た目...

増毛

増毛

増毛は人工毛で髪のボリュームをアップさせる方法です。増毛は以下の方法があります。

  • 結毛法…自毛の根本に人工毛を結びつける方法。薄毛が気になる人におススメ。
  • 編込み法…糸を頭髪に編み込み土台を作って、人工毛を編み込んでいく方法。頭頂部の薄毛が気になる人におススメ。
  • 接着法…人工毛が生えたシールを頭皮に貼りつける方法。透明なシートで肌の色と親和性が高く、生え際の髪を増やしたい人におススメ。

増毛は一部の薄毛を隠すのに向いており、生まれつきおでこが広い方など薄毛が進行していない人にも勧められるサービスです。広範囲を隠すこともできますが、その場合はカツラの方がおススメです。

いきなり人工毛をつけるのは不安という場合でも、無料体験やお試し価格で手軽に増毛を体験できます。気になる方は1度キャンペーンを利用して着け心地など確かめるのがよいでしょう。

増毛の費用

増毛する髪の量にもよりますが、毎月のメンテナンス費込みで年間およそ15~20万円前後になります。

毎月のメンテナンスが必要な理由は、髪の毛は1ヶ月でおよそ1cm伸び、結び付けた人工毛も頭から1cm離れた位置にきて髪が浮き上がって見えてしまうからです(編み込み方式なら土台が1cm浮く)。あまり伸びすぎると見た目が悪くなってしまうため、結び直しや新たに人工毛を結びつけて整えます。

メリット

増毛のメリットを紹介します。

ズレる心配がない

人工毛をしっかり自毛に結び付けたり頭皮に直接シールで貼りつけるためズレるといった心配がありません。運動量が多いスポーツをする時や、海やプールで泳ぐ時でも髪を気にすることなく楽しむことができます。

髪の量を自由に調整できる

自分のしたい髪型に合わせて、いつでも自由に髪の量を調整できます。例えば、今より髪のボリュームを増やしたい、ヘアスタイルを変更したいと思った時などでも臨機応変に対応ができます。

デメリット

増毛のデメリットを紹介します。

自毛が少ない人には向かない

自毛が少ないと結ぶ人工毛の数も限られるため、満足いくボリュームまで髪を増やせないことがあります。編込み法で土台を作る方法もありますが、自毛が少ないのであればカツラの方が向いている場合もあります。

月に1度の定期メンテナンスがある

髪が成長するにつれて人工毛が浮いてくるため、その長さを調節しに月に1回サロンに通わなければなりません。遠くから通う場合は、少々手間がかかります。

また、増毛を施した自毛が抜けた分の補充も必要になり、その分の費用も追加でかかる場合もあります。

増毛した髪が抜けた時一気に抜けた感がある

人工毛を結び付けた髪は1本で数本分のボリュームがあるため、その髪が抜けるだけで一気に数本抜けたよう感覚になります。人工毛とはわかっていても精神的衛生上良くないため、利用する際はその点に注意しておきましょう。

自毛植毛

田植えの風景

自毛植毛は、後頭部や側頭部からドナー(頭髪)を採取して、薄毛が気になる部分に移植し発毛させる方法です。

後頭部や側頭部は薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい部分であり、その性質は移植後も損なわれません。よって、移植した髪は薄毛になることなく発毛を続けます。

しかし、手術費用が高額であったり手術跡が残るといったデメリットもあります。以下で詳しく説明します。

自毛植毛の費用

自毛植毛の費用は主に以下の2つで決まります。

  • 基本治療費
  • 移植するグラフト数

基本治療費とは、移植するグラフト数に関わらず必要となる費用で、大抵20万円前後です。

グラフトとは毛根のことです。500グラフトであれば「500個の毛根を移植する」ということになります。1グラフトには平均1.5~2本程度の髪が生えており、1,000グラフト移植すると髪の毛の本数としては1,500本~2,000本程度増えるということになります。

費用はクリニックによって差がありますが、1,000グラフト移植するとなれば100万円~150万円程度は必要だと考えてください。

メリット

以下、自毛植毛のメリットを紹介します。

確実に髪を生やせる

ドナーが生着さえしてしまえば、そこから確実に髪を生やせるのが自毛植毛の大きなメリットです。また、移植した部分は半永久的に髪が生え続けるため、薄毛になる心配がありません。

デメリット

以下、自毛植毛のデメリットです。

手術跡が残る

FUTという方法の場合、後頭部のドナーをメスを使って帯状に切り取ります。切り取った部分は縫合を行いますが、それによって手術跡が残ります。長髪であれば隠すことはできますが、短髪の場合は手術跡がクッキリと見えてしまいます。

最近ではFUEというメスを使わない方法もあり、比較的手術跡は目立ちません。

手術費が高額

費用を見てもらった通り、他のハゲ隠しと違って手術費が高額で100万円を超えることがほとんどです。また、自毛植毛手術を受けた際は同時にAGA治療を受け続ける必要があり、そのランニングコストもかかります。AGA治療については後述します。

すべてのハゲの部分をカバーできない

後頭部や側頭部から採取できるドナーには限りがあるため、頭頂部や前頭部の薄毛を全てカバーすることはできません。全てをカバーしようとすると、今度は後頭部や側頭部の毛根が無くなり髪が生えなくなるからです。部分的に薄毛を隠す程度なら良いですが、全体をカバーしたい場合はあまりおススメしません。

同時にAGA治療を受ける必要がある

植毛した部分は髪が生え続けますが、ドナーが足りず移植できない部分は薄毛が進行します。そのため、移植した前頭部は髪が生えて、ドナーが足りず移植ができなかった頭頂部は薄毛になるといったアンバランスな髪の生え方になります。頭頂部の髪を維持、または発毛するためにはAGA治療でしか補えないため、自毛植毛を受ける際は同時にAGA治療を受ける必要があります。

AGA治療の詳しい説明は後述します。

自毛植毛のおすすめはアイランドタワークリニック

自毛植毛は多くのクリニックが対応していますが、現在もっとも人気なのがアイランドタワークリニックです。

アイランドタワークリニックが選ばれる大きな理由は以下の3つです。

  • 自毛植毛シェア国内No.1の60%
  • 独自施術の「i-Direct法」による生着率95%は業界トップ
  • 施術跡が目立たず痛みもほとんどない

以下は筆者によるアイランドタワークリニックの体験レポートです。

アイランドタワークリニックサムネイルアイランドタワークリニックの悪い評判・デメリット【体験談あり】
アイランドタワークリニックの基本情報 診療時間 10:00~19:00 休診日 不定休(完全予約制) 支払い方法 現...

医療ヘアタトゥー

ヘアタトゥー

近年、日本でも取り入れられるようになった医療用ヘアタトゥーです。

薄毛部分に黒い点々を打ち、毛根があるように見せて薄毛を隠すことができます。丸刈りにした際でも、頭全体に毛根があるように見え薄毛でない普通の坊主に見せることができます。

染料は皮膚の表皮と真皮層という部分に堆積するため、毛根を傷つけたり、発毛に影響を与えたりといったことはほとんどありません。また、アートではなく毛根のように見せる医療用のタトゥーであるため、温泉なども安心して入ることができます。

医療用ヘアタトゥーの費用

後頭部や側頭部以外、全体的に薄い部分にタトゥーを入れる場合はおよそ50~60万円が目安になります。

メリット

医療用ヘアタトゥーのメリットは以下のとおりです。

自毛のように見せられる

タトゥーによる黒い点が毛根のようになるため、薄毛でない普通の坊主頭に見せることができます。また、地肌が目立つ部分に黒い点を打つことで、薄毛を目立たなくさせることもできます。

自毛植毛の手術跡を隠せる

自毛植毛できた手術跡を、物を使わずに自然に隠すことができます。ドナーを採取された部分は毛根ごとなくなるため、手術跡だけツルツルになります。その状態で坊主にすると、ドナーを採取した後頭部の手術跡がはっきりと目立ってしまい、他の人から植毛手術をし受けたことがばれてしまいます。ヘアタトゥーを入れれば、あたかも毛根があるかのように見せることができ、手術跡も綺麗に隠せます。

※FUT法の縫合跡を隠すものではありません。

デメリット

医療用ヘアタトゥーのデメリットは以下のとおりです。

消すのが大変

医療用といっても普通のタトゥーと同じで、いざ消したいと思っても消すのに苦労します。完全に消せないこともあり、タトゥーの跡や除去跡が残るだけの可能性もあります。タトゥーを入れる前にその点は気を付けておきましょう。

坊主の場合は毎日手入れをする必要がある

タトゥー以外の部分は髪が成長し、数日放っておくだけで長さが合わなくなります。そのため、綺麗な坊主頭を維持するためには毎日バリカンなどで手入れをする必要があります。

数日外泊する際などは帽子を用意しておくか、バリカンを携帯しておきましょう。

施術できるクリニックが少ない

医療用ヘアタトゥーは比較的新しいハゲ隠しの方法ですので、サービスを行う場所が少ないのが現状です。また、タトゥーに抵抗があり、サービスの利用を躊躇する人が多いことも挙げられます。

薬によるAGA治療

薬のイメージ

薄毛の原因は9割がAGA(男性型脱毛症)です。薬によって男性型脱毛症を治療し、発毛させるのがAGA治療です。

カツラやパウダー等と違って自毛を増やすことができるのが最大のメリットですが、十分発毛するまでには1年以上の期間が必要であり、「今すぐハゲを隠したい」という人向けではありません。

AGA治療薬について

AGA治療は薬による治療で、1日1回薬を服用して治療をしていきます。薬には以下のものがあります。

AGAの進行を遅らせる薬

  • プロペシア
  • フィナステリド
  • ザガーロ

発毛をさせる薬

  • ミノキシジルタブレット
  • ミノキシジル外用薬

以上の異なる効果を持つ薬を併用するのが一般的な治療になります。治療の例は、フィナステリド+ミノキシジルタブレットといった2つの薬を服用する形になります。2種類の薬を併用することで効率よく発毛させることが可能で、一般的におよそ3~6ヶ月ほどで効果を実感することができます。

AGA治療の費用

AGA治療の費用は基本的に薬代のみで、月3,400円から受けることができます。ただし、これはフィナステリドのみの費用であり、「現状維持」を目的とした治療の場合です。

発毛させたい場合はミノキシジルタブレットなどの発毛薬も併用する必要があります。フィナステリド+ミノキシジルタブレットでおよそ月14,000円前後になります。ちなみに、薬代はクリニックよって異なるため、先程紹介した費用はあくまで目安として捉えておいてください。

メリット

薬によるAGA治療のメリットは以下のとおりです。

自毛を増やせる

AGA治療の最大のメリットは自毛を増やせることです。また、AGA治療は日本皮膚科学会が定めた男性型脱毛症ガイドラインにおいて唯一Aランクの最高評価を受けており、医学的に効果が認められている治療法です。

薬を飲むだけで続けやすい

1日1回薬を飲むだけなので、誰でも簡単に続けることができます。また、飲むタイミングに決まりがないためライフスタイルに合わせて好きな時間を決めて飲むことができます。

デメリット

薬によるAGA治療のデメリットは以下のとおりです。

すぐにハゲを隠せない

AGA治療を受けたからといってすぐに髪が生えてくるわけではありません。発毛の効果を実感するまで3~6ヶ月、しっかり発毛するまでには1年以上の期間が必要です。

副作用が存在する

治療薬のフィナステリドやミノキシジルは医薬品であるため、僅かながら副作用が存在します。

以下はそれぞれの薬の主な副作用です。

フィナステリド

  • リビドー減退(性欲減退)
  • ED(勃起不全)

ミノキシジル

  • 初期脱毛
  • 体毛が濃くなる(多毛症)
  • 動悸
  • 低血圧
  • 立ちくらみ・めまい
  • 顔や足のむくみ

これらの副作用の中でも特に注意してほしいのが「初期脱毛」です。薬の服用開始後、一時的に抜け毛が増加して薄毛になってしまう副作用です。薬が効いている証拠でもあるのですが、見た目でハッキリわかるほど一時的に薄くなります。

副作用は全員に発症するわけではありません。また、発症しても薬の服用を中止すれば副作用も収まります。AGA治療薬の副作用について詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

サムネイルAGA治療で処方される薬について~効果と副作用、注意点まで詳しく解説~
薄毛男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)と広く知られるようになり、AGA治療薬を服用する人は年々増加しています。 AGA治療に用いら...

まとめ

7つのハゲ隠しの方法を紹介してきましたがいかかでしたでしょうか?

ハゲ隠しと言っても様々で、薄毛の進行度やシチュエーションなどに合わせて選び方が変わります。

例えば、薄毛が気になり始めた程度ならヘアスタイルの変更や増毛パウダーだけでも十分に隠せます。対して、薄毛がそこそこ進行している人はカツラや増毛などが適していると言えます。また、運動することが多い方はカツラより増毛が向いているなど、ライフスタイルに合わせて選ぶ方法もあります。

さらに、医療用ヘアタトゥーで綺麗な坊主頭に見せるなど、個人の趣向に合わせた方法もあります。

ただし、中には自毛で薄毛を隠したいと考えている方もいるはずです。そのような方は、AGA治療や自毛植毛がおススメです。特に、AGA治療は医学的に唯一効果が認められている治療法であり、薬を飲むだけで発毛させることが可能です。

今すぐハゲを隠したい人、本当は自毛を増やしたい人など目的は様々ですが、この記事を読んで自分に合うハゲ隠しが見つかれば幸いです。

AGAクリニック人気ランキング

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にした人気ランキングです。まずはランキング上位のクリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

【1位】AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国49院で転勤・引越しでも安心

【2位】AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

【3位】ヘアメディカル

ヘアメディカル

AGA治療実績は日本最多150万人!

安心と実績!日本初の発毛専門クリニック

600パターンからのオーダーメイド治療!

東京・大阪・名古屋・福岡と全国主要都市をカバー

-薄毛対策・予防法

Copyright© 薄毛治療のハゲ活│AGAクリニック(病院)比較ランキング , 2018 AllRights Reserved.