ミノキシジルは女性の薄毛にも効果はある?副作用や注意点まとめ

投稿日:2018年9月26日 更新日:

アイキャッチ画像

近年、薄毛や髪の毛のボリュームダウンに悩む女性が増えています。以前は女性用ウィッグを着用することが一般的でしたが、最近はミノキシジルを使用し、自毛でボリュームアップをするという選択肢があります。

ミノキシジルは男性の薄毛治療薬にも含有される成分であり、唯一発毛効果が確認されています。しかし、女性が同じものを使って副作用などは大丈夫なの?と心配される方も多いと思います。

ここでは、女性の薄毛へのミノキシジルの効果や副作用、女性におすすめのミノキシジル発毛剤といったものを紹介します。

ミノキシジルは女性の薄毛にも効果がある

育毛剤を頭皮にスプレーする女性の画像

ミノキシジルは男性の発毛治療に使用される薬ですが、女性の発毛にも効果があります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは元々、血管拡張剤として1950年代に誕生した薬です。しかし、服用した人に発毛効果がみられたことから発毛剤として注目され、1988年にFDA(アメリカ食品医薬品局)によって発毛剤として承認されました。その後、日本では199年6月に大正製薬から「リアップ」として発売されました。

ミノキシジルによって発毛する仕組みについて説明します。

多くの栄養素が毛包に届き発毛を促進する

ミノキシジルには血管拡張効果があります。それによって血液が栄養素を運びやすくなり、毛包に多くの栄養素が届けられ発毛を促進します。

この血管拡張効果は生え際など血管が少なく栄養が届きにくい部分にも効果的です。

アデノシンにより成長因子が分泌される

ミノキシジルは毛母細胞の活動を活発にして、アデノシンという物質を分泌します。そしてアデノシンはFGF-7(KGF)、IGF-1、HGF、VEGF、などの発毛に必要な成長因子の生成を促進します。

とくにFGF-7(ケラチン細胞増殖因子)に関してですが、これは毛母細胞の増殖を促進して、健康な髪と頭皮環境をつくる働きがあります。ケラチンは髪や爪、肌など形成する成分で、髪は99%がケラチンで構成されています。

効果があるのは「FAGA」のみ

ミノキシジルによって発毛効果があるのは「FAGA(女性男性型脱毛症)」による薄毛です。FAGAとその他の脱毛症について説明します。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGA(男性型脱毛症)とは女性限定の薄毛の症状です。男性の薄毛の原因をAGA(男性型脱毛症)と言いますが、それに女性(Female)のFを付け加えた言葉です。

FAGAの原因ですが、ホルモンバランスの乱れにより女性ホルモンの分泌量が減少することで起こります。女性ホルモンは発毛や育毛に不可欠な要因です。また、それと同時に男性ホルモンの分泌量が増加し、髪の毛の成長に関わる毛乳頭へ入り込みます。その結果、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

髪の毛は1本1本にヘアサイクル(毛周期)があり、「休止期→成長期→退行期」を経て脱毛します。ヘアサイクルは2年~6年で一周し、髪の毛はこの間に太く長く成長します。

ヘアサイクルが乱れることで髪の毛の成長期間が短くなり、抜け毛が増え、ボリューム不足となります。

男性の薄毛の症状であるAGAと似ていますが、抜け毛が進行していくパターンが非常に豊富なのも特徴の1つです。特に多いパターンは、前頭部、頭頂部、中央の分け目、以上の3種だと言われています。

その他の女性の脱毛症

女性の薄毛の原因はFAGA以外にも存在します。主な原因について説明します。

脂漏(しろう)性脱毛症

ホルモンバランスの異常が皮脂の過剰分泌を招き、頭皮や毛穴の常在菌を退治してしまうのが原因です。常在菌の減少によって炎症が酷くなります。

瀰漫(びまん)性脱毛症

30代中盤以降の女性に多く見られる症状です。更年期前後から始まり、抜け毛が増加し髪の毛のツヤが失われていきます。薄毛の範囲は頭部全体に及ぶのが特徴です。

原因は加齢による女性ホルモンの減少の他に、ストレスが災いする可能性があります。

粃糠(ひこう)性脱毛症

発生したフケが頭皮や毛穴を炎症させます。炎症の影響を受けた結果、抜け毛が進行して、最終的には薄毛の状態になってしまうという症状です。

牽引(けんいん)性脱毛症

紐やリボンで髪型を作ることで地肌を強い力で引っ張られ、頭皮や髪の毛の負担が大きくなることが原因です。

部分的な薄毛になることも全体的な薄毛になることもあります。

抜毛症(トリコチロマニア)

自分で髪の毛を抜くことが癖になっている人の抜毛症です。抜かれた髪の毛は回復しにくく、抜かれた周囲の頭皮は傷つきます。どちらも薄毛を進行させてしまう要因です。

原因は精神的なストレスが大きな原因だと言われています。

円形脱毛症

コインほどのはげができる症状です。原因は自己免疫疾患という説が有力です。自己免疫疾患によって毛包が攻撃を受けることが原因だと考えられています。

産後脱毛症(女性のみ)

出産を終えてから一時的に抜け毛の量が増加するという症状です。妊婦になって増えた女性ホルモンが元の量に戻ったことが原因です。豊富な女性ホルモンでかろうじて保たれていた髪の毛が、平均的な量に戻った影響で抜け毛になるのです。

プロペシア(フィナステリド)の使用は厳禁

男性の薄毛の原因であるAGAに効果のある薬としてプロペシア(フィナステリド)があります。プロペシアの効果は乱れたヘアサイクルを整え、AGAの進行を遅延させるというものです。

こう聞くと女性のFAGAにも効果がありそうに聞こえるかもしれませんが、女性がプロペシアを服用しても効果はありません。それどころか、女性がプロペシアを服用することは厳禁です。

理由ですが、妊娠中や授乳中の女性がプロペシアを服用することで、男児の生殖器に悪影響を及ぼす危険性があるためです。

ミノキシジルの副作用

副作用のイメージ画像

ミノキシジルは女性の発毛にとって効果がありますが、医薬品である以上副作用があります。

初期脱毛

ミノキシジルを使用すると初期の段階で起きる、一時的に抜け毛が増える副作用です。初期脱毛が起きる原因ですが、古く成長が止まった髪が、発毛効果で新たに生えてきた髪によって押し出されて抜け落ちてしまうというものです。場合によっては1日に300~400本抜けてしまうこともあります。

しかし、これはミノキシジルの発毛効果がしっかり作用して新しい髪に生え変わろうとして起きることなので心配いりません。

初期脱毛の時期や期間に個人差はありますが、使用開始から2週間~1ヶ月ではじまり、発症からおよそ1ヶ月で治まることが一般的です。抜け毛が増えてミノキシジルを使う以前よりも薄くなってしまいますが、一時的なものなので新しい髪が生え揃うまで待つ必要があります。

体毛が濃くなる(多毛症)

ミノキシジルの発毛効果が頭皮以外に作用して体毛が濃くなる副作用です。ミノキシジルの発毛成分が、毛細血管を通して全身に運ばれることによって起きます。

濃くなる部分ですが、外用薬では塗布した部分の近く、眉毛やまつ毛など顔周辺。タブレットは腕や足、全身に影響が出ることがあります。人によっては手のみ、足のみが濃くなったりと多毛になる部分に違いがあります。

顔や足のむくみ

ミノキシジルの血管拡張効果により顔や足がむくむ副作用です。血液循環がよくなると血中濃度が薄くなります。濃度を正常に戻すために血管の外に余分な水分を排出して、そこに水分が溜まるとむくみになります。

むくみを放置するとその部分に老廃物と排出物が溜まって、セルライトという塊ができます。セルライトができてしまうと皮膚がボコボコになります。普通の脂肪と違って落としにくいので注意が必要です。

低血圧

ミノキシジルの血管拡張作用により血流が良くなり、低血圧になることがあります。低血圧は不整脈や倦怠感、頭痛・肩こりなどの体調不良を起こすことがあります。体質的に低血圧の人はさらに血圧が下がって体に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。

低血圧の症状はミノキシジルを服用している間続きます。もともと血圧が引く人は医師に相談するようにしましょう。

肝臓(肝機能)への影響

タブレットタイプのミノキシジルを服用すると起きる可能性がある副作用です。タブレットを飲むとγ-GTPとGPTという数値が上昇すると言われており、この数値が高いと肝機能に異常があるとみなされます。しかし、これは市販の風邪薬などでも同様に上昇する数値であり、ミノキシジルに限らず飲み薬全般の副作用と言えます。

肝臓は栄養素の代謝、解毒作用、胆汁を合成して体に不要なものを体外に排出するなど重要な働きをもつ場所で、負担をかけないためにも服用するタイミングは注意が必要です。他の薬と併用するときや、特にアルコールとの併用は厳禁なので飲酒の前後5時間以内は薬を服用しないようにしましょう。

動悸

心臓の動きが速くなってドキドキしたり、突然ドクンッと大きな拍動が起きて胸が苦しくなる副作用です。血液循環がよくなり心臓に負担がかかると動悸が起きやすくなり、また血圧が不安定になるとめまいが起きやすくなります。

タブレットタイプの使用を始めて間もないころに起こりやすい副作用ですが、継続して使用することで症状が治まることがほとんどです。

頭皮のかゆみ・湿疹・ふけ

主に頭皮に塗る外用薬で起きる副作用で、刺激が強かったりアレルギー症状で肌が荒れてしまうことがあります。ただし、これはリアップに含まれるエタノールやブチレングリコールといった成分が原因の場合があります。

使用をやめても改善しない、または別の外用薬に切り替えを検討している場合は、医師に相談しましょう。

女性用ミノキシジルの入手方法

ドラッグストアのイメージ画像

気軽に手に入れるのであれば、女性用のミノキシジル外用薬「リアップリジェンヌ」がドラッグストアや通販で購入できます。もしくは本格的な治療をしたいのであれば、女性専用の薄毛治療クリニックで処方してもらう方法があります。

ドラッグストアや通販で購入できるのは外用薬のみですが、クリニックであれば内服タイプのミノキシジルも処方してくれます。

女性専用のクリニックなら「東京ビューティークリニック」がおすすめ

女性向けの発毛治療でおススメなのが「東京ビューティークリニック」です。女性専用なので男性患者と顔を合せる心配はありません。

東京ビューティークリニックはオアシズの大久保佳代子さんが出演したテレビCMで知っている人もいるかもしれません。

女性向けの薬による治療

治療は「薬」によって行われます。使用される主な治療薬は以下の2つです。

  • スピロノラクトン
  • ミノキシジル

それぞれについて説明します。

スピロノラクトン

薄毛の原因物質は悪玉男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。「DHT」は髪の毛に対して「脱毛」の信号を送り、ヘアサイクルを乱します。

ヘアサイクルが乱れると髪の毛の成長期間は大幅に短くなり、抜け毛が増え、細く短い髪の毛が増え、結果的にボリュームがなくなります。

スピロノラクトンはDHTの発生を阻害し、ヘアサイクルの乱れを整える効果があります。

ミノキシジル

元々は血管拡張薬として開発された薬ですが、発毛効果があることがわかり、現在は男性・女性問わず「発毛効果のある薬」として多くの人が薄毛治療に使用しています。

ミノキシジルの血管拡張作用により血流が改善され、髪の毛の成長に必要な栄養素が毛乳頭細胞に届きやすくなり、発毛を促します。

東京ビューティークリニックのオリジナル治療薬について

東京ビューティークリニックでは、クリニックのオリジナル治療薬として「Rebirth Lady(リバース レディ)」の処方を行っています。

Rebirth Lady(リバース レディ)に含まれる成分は、前述した「スピロノラクトン」「ミノキシジル」の他、女性の薄毛に良いとされる以下の成分が含まれています。

  • ドロマイト
  • 焼成カルシウム
  • ビタミン
  • 亜鉛

実際に東京ビューティークリニックで発毛治療を受けた女性の動画がありますので、是非ご覧ください。

東京ビューティークリニック公式サイトへのリンクバナー

外用薬タイプはドラッグストアや通販で購入可能

内服薬タイプは医師の処方が必要ですが、外用薬タイプであればドラッグストアや通販で購入ができます。

現在、日本国内で販売が許可されている女性向けのミノキシジル外用薬は、大正製薬の「リアップリジェンヌ」のみです。ミノキシジルを1%含有した60mlサイズ(1ヶ月分)で価格は5,500円程度です。

個人輸入代行サービスでの購入は控える

日本で販売が許可されているミノキシジル外用薬は「リアップリジェンヌ」のみと説明しましたが、海外では「ロゲイン」という外用薬が人気です。ミノキシジルはリアップリジェンヌよりも多い2%を含有しています。

ただし、日本国内では販売が許可されていないため、手に入れるには海外医薬品を個人輸入する必要があります。

最近では個人輸入を代行で行う、「個人輸入代行業者」が存在しています。通販と同じような方法で個人輸入が出来るのですが、厚生労働省では個人輸入代行業者を安易に利用しないよう注意喚起を行っています。

その最大の理由は、個人輸入代行業者から送られてくる医薬品の約4割が偽造品であり、その偽造医薬品を服用して死亡したケースも発生しているからです。

日本国内でED治療薬を製造・販売している製薬会社4社は、個人輸入代行業者のWebサイトから購入した医薬品を鑑定調査したところ、約4割が偽造品であったという驚愕の結果が発表されました。

日本およびタイの調査会社に依頼して発注、入手したED治療薬を鑑定した結果、国内外の合計で 約4割(40.0%、28/70)が偽造品であることが判明しました。国内発注分で約4割(35.6%、16/45)、タイでの発注分では約5割(48.0%、12/25)が偽造品でした。

出典:http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2016/2016_11_24_02.html

ミノキシジルは医師に処方してもらうかドラッグストアで購入をし、正しく使用しましょう。

まとめ

ミノキシジルは女性の薄毛・発毛にも効果があります。ただし、効果があるのはFAGA(女性男性型脱毛症)のみとなります。ご自身の脱毛症の原因がわからない場合、事前に医師に相談することをおすすめします。

そして、女性用のミノキシジルとしては、頭皮に塗布する「外用薬タイプ」と、内服する「タブレットタイプ」があります。どちらも副作用がありますので、心配な人は女性専用のクリニックに相談してみるのも良いと思います。東京ビューティークリニックであれば無料カウンセリングを行っています。

また、ミノキシジルは男性の薄毛治療にも使用されますが、男性向けのミノキシジルは濃度が高いです。必ず女性用のミノキシジルを使用するようにしましょう。

なの、プロペシア(フィナステリド)は女性が服用しても効果はありません。妊娠中の女性や授乳中の女性が服用することで、男児の生殖器に悪影響を及ぼす危険性がありますので、絶対に服用しないように注意しましょう。

The following two tabs change content below.
金井 伸一

金井 伸一

「ハゲ活」編集長。25歳で頭頂部から薄くなりあっという間に若ハゲになる。20代30代のほぼ全てをAGA治療に費やす。通院したクリニックの数は10以上。AGA治療に関するお役立ち情報をお届けします。

AGA治療おすすめクリニック

費用や治療内容を詳しい調査の元で比較し、さらに利用者の評判・口コミを元にしたおすすめクリニックです。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%を誇る最大手!

月¥3,400円~気軽に始めるAGA治療

通院患者の発毛実感率99.4%

業界最多の全国51院で転勤・引越しでも安心

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニック

スマホ診察対応!通院不要でAGA治療が便利!

薬も検査も郵送でOK!通院不要で全国をカバー

国内初!デュタステリドのオリジナル薬を処方

治療費は月15,500円~とリーズナブル

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

美容整形大手がAGA治療に本格参入!

月¥3,000円~のオリジナル治療薬

医院数は全国50院以上で通院しやすい

ARTAS(アルタス)による自毛植毛にも対応

-薄毛治療薬

Copyright© ハゲ活 , 2018 AllRights Reserved.